このサイトについて

投信資料館(http://www.toushin.com)は、投資信託の総合情報サイトとして、1997年11月にスタートしました。

徹夜でサイトの構築を続け、やっとオープンという日の朝、世間を驚かせたのは「山一証券の自主廃業」のニュースでした。なんとも、タイミングが悪いオープニングとなってしまいましたが、あれからもう16年の月日が経過しました。この間、金融業界、日本経済、日本、そして世界では様々な出来事がありましたが、投信資料館は、個人投資家にとって必要な投資信託の情報は何か、というその1点だけを考えながらサイトを運営してきました。

今回、1997年のサイトオープンから2回目の全面リニューアルを行ないました。今回のリニューアルで、これまで提供してきた国内投資信託と外国籍投資信託のファンドのデータベースの運用を止めました。これは、1997年当時においては、ファンドデータの提供を行なっているサイトがなかったものの、現在では、投資信託の評価会社や新聞社、オンライン証券など、多くのサイトがデータベースの提供を行なっており、それらは投信資料館が提供しているデータベースよりも、ずっと内容の優れたものであり、投信資料館がファンドのデータベースを提供する役割は終わったと考えたためです。

今後は、個人投資家が投資信託についての疑問を解決できるサイト、つまり投資信託FAQサイトとして、これまで蓄積してきた投信Q&Aを中核として、内容の一層の充実を図って参ります。どうぞ、これからもよろしくお願い申し上げます。

投信資料館 石川由美子