外国籍投資信託とは


外国籍投資信託とは、外国において、現地の法令や規則に基づいて設立された投資信託のことです。多くが外貨建てとなっていますが、1998年12月に投信法が改正されたために、円建ての外国籍投資信託もあります。日本国内で販売される外国籍投資信託は、金融庁への登録が義務付けられています。ケイマン諸島、ルクセンブルグ、アイルランド、米国などで設定されたファンドがあります。

外国の債券や株式に投資するファンドでも、日本で設立されているものは「外国に投資するファンド」であって、外国(籍)投資信託とは異なります。また、日本の株式に投資するファンドであっても、海外で設立されたものは外国(籍)投資信託となります。法律上は、日本で設立された投資信託を内国証券投資信託と言い、外国で設立されたものを外国投資信託と言います。これは、目論見書の第一部証券情報に記載されていますので、チェックしてみましょう。