NISA(少額投資非課税制度)とは


NISA(ニーサ)とは、2014年1月にスタートした新しい非課税制度のことで、正式名称を少額投資非課税制度といいます。

証券会社や銀行などの金融機関でNISA用の専用口座を開設し、その口座で上場株式や株式投資信託を購入すると、本来であれば20%(復興特別所得税を含めると20.3150%)課税される配当金や売買益等が非課税となる制度です。購入できる金額は年間100万円まで(2016年1月からは年間120万円)で、非課税期間は5年間です。

なお、NISAは英国のISA(Individual Savings Accounts)と呼ばれる個人貯蓄口座を模範としていることから、日本版ISAと呼ばれていましたが、2013年4月30日にNISA(ニーサ)という愛称が正式につけられました。NISAの「N」は「Nippon(にっぽん)」のNです。

 

【NISAの概要】

項目

摘要

制度を利用可能な人 日本に住む20歳以上の人(*1)(口座を開設する年の1月1日現在)
非課税対象 上場株式等・公募株式投資信託の配当金・分配金や譲渡益
口座開設可能数 1人1口座(*2)
非課税投資枠 毎年、新規投資額で120万円を上限(*3)(非課税投資枠は最大600万円)
非課税期間 最長5年間(*4)
口座開設数 1人1口座

*1・・・0歳から19歳の人は、ジュニアNISA口座を利用できます。
*2・・・NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更可能。ただし、開設済みのNISA口座で既に株式・投資信託等を購入している場合は、その年は他の金融機関に変更することはできない。
*3・・・平成27年以前分は100万円。未使用分があっても翌年以降への繰り越しはできない。
*4・・・期間終了後、新たな非課税投資枠への移管による継続保有が可能。

NISAについては、法改正などにより制度が改正される可能性がありますので、最新の情報については、国税庁のNISAに関する情報金融庁のNISA特設サイトでご確認下さい。