株式とは?


株式は企業が事業に必要な資金を調達するために発行する有価証券です。証券取引所で売買されている株式は上場企業の資金を小口化したものと考えればよいでしょう。A社の株式を持っているということは、A社の株主であるということです。

株式投資の魅力とは・・・・株式投資から期待できる収益には、1.値上り益、2.配当、3.株式分割があります。また、4.株主優待というメリットもあります。

 

  1. 値上り益・・・購入した株式の価格(=株価)が上昇することにより、それを売却して得られる利益のことです。例えば、1株=800円で購入した株式を1000円になったところで売却すれば、1株当たり200円の売却益が得られることになります。反対に、800円で購入した株式が600円に下落したところで売却すれば、1株当たり200円の売却損が発生します。
  1. 配当・・・配当は決算後に会社の収益に応じて1株当たり何円というかたちで株主に支払われます。会社の業績が悪ければ配当は支払われないこともあります。
  1. 株式分割・・・株式分割は、企業が発行済みの株式を分割して株式数を増やすために行われます。1株が1.1株に分割されると、1000株の株式を保有している株主の場合、持ち株数は1100株となります。株式分割が行われると、市場に流通している株式数が増加するために、通常は株価が下落します。たとえば、1株1000円の株式が1.1株に分割されると、株価は909円になるはずです。しかし、実際にはそこまで下落しないこともあります。たとえば、株価の下落が910円で止まったとします。分割前の株価が1000円で保有株式数は1000株ということは総額は100万円です。分割後は910円で1100株保有しているのですから、時価総額は100万1000円となります。また、もし1株当たりの配当が分割後も据え置かれた場合には、分割により増加した株式数だけ配当受取額が増えることになります。
  1. 株主優待・・・会社によっては株主に株主優待制度が提供されることもあります。株主優待制度の種類は会社により異なります。自社の商品やサービス優待券などが提供されることが多いようです。