S&P/JPX 配当貴族指数とは?


S&P/JPX 配当貴族指数とは?

S&P/JPX 配当貴族指数は、日本の株式の中で配当の成長性配当の継続性の高い銘柄で構成された株価指数です。

具体的には、東証株価指数を構成する銘柄(2017年4月28日現在、2013銘柄)の中で、10年以上にわたり毎年増配しているか、安定して配当を行っている配当利回りの高い企業の値動きを測定するように設計されています。

S&P/JPX配当貴族指数の構成銘柄

  • 10年以上にわたり毎年増配している銘柄
  • 安定して配当を維持している銘柄

ただ、同指数は配当だけに注目するのではなく、組入銘柄が偏ることがないように指数を構成する銘柄の組入比率には5%という上限を設けています。つまり、どんなに配当利回りが高い銘柄であっても、組入比率は指数全体の5%までに制限されるということです。さらに、セクターの偏りが生じないように、各セクター(世界産業分類基準によるセクター分類)の構成比率にも30%という上限を設けています。

また、時価総額については毎年のリバランス時において時価総額が500億円以上であること、流動性については、リバランス時までの3カ月間の1日当たり平均売買代金が3億円以上あることといった条件も設けています。

なお、指数の名称にあるS&Pはスタンダード・アンド・プアーズ社のことで、JPXは東京証券取引所等を運営している日本取引所グループのことです。S&P/JPX配当貴族指数は、この二社が共同で算出しています。

 

S&P/JPX配当貴族指数の構成銘柄

S&P/JPX配当貴族指数のファクトシートによると、同指数は2017年4月28日現在49銘柄で構成されていて、上位10位銘柄は次の通りです。

銘柄名

銘柄コード

株式会社三共 6417
イオンフィナンシャルサービス株式会社 8570
日本たばこ産業株式会社 2914
中国電力株式会社 9504
株式会社サンリオ 8136
株式会社平和 6412
北陸電力株式会社 9505
株式会社りそなホールディングス 8308
株式会社日本取引所グループ 8697
パナホーム株式会社 1924

(データ出所:スタンダード・アンド・プアーズHP)

S&P/JPX配当貴族指数

 

S&P/JPX配当貴族指数に連動するファンド

アセットマネジメントOneが運用・管理し、2017年5月23日に東京証券取引所に上場するETFOne ETF 高配当日本株」(銘柄コード:1494)はこのS&P/JPX 配当貴族指数に連動する投資成果を目指すETFです。また、三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用するインデックスファンド「SMT 日本株配当貴族インデックス・オープン」は同指数をベンチマークとするインデックスファンドです。

 

この他の配当貴族指数

スタンダード・アンド・プアーズでは、日本の株式を対象としたS&P/JPX配当貴族指数のほかに、次のような米国やアジアなどを対象とする配当貴族指数を算出しています。

指数名 英語名称 対象株式市場
S&P高配当貴族指数 S&P High Yield Dividend Aristcrats 米国
S&P500配当貴族指数 S&P 500 DIVIDEND ARISTOCRATS 米国
S&P汎アジア・配当貴族指数 S&P Pan Asia Dividend Aristocrats アジア
S&P UK 配当貴族指数 S&P UK High Yield Dividend Aristocrats 英国
S&P ユーロ配当貴族指数 S&P Euro High Yield Dividend Aristocrats ユーロ
S&P/TSX カナダ配当貴族指数 S&P/TSX Canadian Dividend Aristocrats カナダ