JASDAQ-TOP20指数とは?


JASDAQ-TOP20指数とは?

JASDAQ-TOP20指数は、JASDAQ市場を代表する20銘柄で構成された株価指数で東京証券取引所が算出・公表しています。

JASDAQ-TOP20指数のヒストリカル・グラフ

 

JASDAQ市場は、成長企業向けの市場で、一定の事業規模と実績のある成長企業を対象とした「スタンダード」と特色ある技術やビジネスモデルを有し、より将来の成長可能性が高い企業を対象とした「グロース」に分けられています。2017年5月22日現在、スタンダードに712社、グロースに42社、合計で754社がJASDAQ市場に上場しています。JASDAQ-TOP20指数は、この754銘柄の中から流動性や時価総額等などの条件を用いて絞り込まれたJASDAQ市場を代表する20銘柄で構成されています。2016年11月末日現在、次の20銘柄で構成されています。なお、構成銘柄は毎年見直しが行われ、10月の 最終営業日に銘柄の入れ替えが実施されます。

 

JASDAQ-TOP20の構成銘柄

銘柄コード

銘柄名

1407 ウエストホールディングス
2138 クルーズ
2362 夢真ホールディングス
2400 SOMPOケアメッセージ
2656 ベクター
2702 日本マクドナルドホールディングス
2782 セリア
3858 ユビキタス
4080 田中化学研究所
4239 ポラテクノ
4293 セプテーニ・ホールディングス
4348 インフォコム
4667 アイサンテクノロジー
4819 デジタルガレージ
4849 エン・ジャパン
6258 平田機工
6324 ハーモニック・ドライブ・システムズ
6769 ザインエレクトロニクス
6787 メイコー
6890 フェローテック

 

JASDAQとマザーズの違い

なお、同じ成長企業向けの市場にマザーズ市場がありますが、マザーズは、近い将来に東京証券取引所の市場第一部へのステップアップを視野に入れた成長企業向けの市場です。そのため、東京証券取引所では上場を申請する会社に対して「高い成長可能性」を求めています。

マザーズ及びジャスダック(スタンダード)の主要上場要件を見ると、次の表のように、ジャスダックでは利益が出ていることが要件に入っていますが、マザーズでは利益の額についての要件がありません。上場時点で利益が出ていなくても、高い成長可能性があれば上場申請が可能な市場です。

上場審査基準項目(抜粋) マザーズ

ジャスダック・スタンダード

株主数(上場時見込み) 200人以上 200人以上
流通株式時価総額 5億円以上 5億円以上
時価総額 10億円以上 なし
純資産の額 なし 2億円以上
利益の額又は時価総額 なし 最近1年間の利益の額が1億円以上であるか、時価総額が50億円以上
事業継続年数 新規上場申請日から換算して、1年前以前から取締役会を設置して継続的に事業活動をしていること なし

(出所:東京証券取引所

 

JASDAQを対象とする株価指数

なお、JASDAQ市場を対象とする株価指数には、JASDAQ-TOP20指数のほかにJASDAQに上場する全銘柄を対象として日本経済新聞社が算出する平均株価の日経ジャスダック平均株価とJASDAQ市場に上場する全普通株式を対象として、時価総額加重型で算出されるJASDAQインデックス、JASDAQスタンダードを対象とするJASDAQインデックス・スタンダードとJASDAQグロースを対象とするJASDAQインデックス・グロースがあります。

 

JASDAQ-TOP20指数をベンチマークとする投資信託

JASDAQ-TOP20指数をベンチマークとする投資信託の一つに「JASDAQ-TOP20上場投信(1551)」があります。同ファンドは、2010年12月3日に東京証券取引所に上場したETF(上場投資信託)で、シンプレクス・アセット・マネジメントが運用しています。また、JASDAQ-TOP20指数ファンドも、同指数をベンチマークとするインデックスファンドで、三井住友アセットマネジメントが運用しています。

JASDAQ-TOP20上場投信の最新基準価額(東証マネ部)