為替ヘッジを行わないファンドのメリットとデメリットは何ですか?


海外の株式や債券などに投資するファンドには、為替ヘッジを行なわないファンドと為替ヘッジを行なうファンドがあります。

為替リスクをヘッジを行なわないファンドの場合、円安(外貨が円に対して上昇すること)となった場合には、投資した株式や債券の価格が現地通貨ベースで変わらなかったとしても、為替益が得られます。

為替益が出た場合には、当然その益もファンドに属しますから、基準価額の上昇という形で投資家に還元されます。投資した市場の株式や債券の価格が上昇していれば、それらの値上がり益に加えて為替益も得られるということになります。しかし、円高(外貨が円に対して下落すること)になった場合には、為替差損が生じます。もちろん為替差損は基準価額の下落要因となります。

為替ヘッジを行なうファンドでは、外国為替レートの変動の影響はファンドの基準価額にほとんど影響を及ぼしません。ただし、為替ヘッジを行なうファンドでも100%ヘッジを行なうファンドと部分的に行なうファンドがありますので、目論見書の為替ヘッジの方針をきちんと確認しましょう。

為替の見通しを自分なりに持っていて、為替益も含めて海外投資を選択する場合は、為替ヘッジなしのファンドを選択すればよいでしょう。為替についてのリスクはとりたくない、純粋に海外の市場の変動についてのリスクに限りたいという人は、為替ヘッジ付きのファンドを選択するということになります。