金利が上がると、債券はどんな影響を受けるの?


基本的に、金利の上昇は、債券の価格の下落要因となります。したがって、金利が上がれば、債券の価格(時価)は下がることになります。

以下、具体的な例を用いて考えてみましょう。

ここに2年後に満期を迎える2%の固定利子付の国債(以下、A債券とします)があり、価格が100円で、額面どおりの価格であるとしましょう。

このA債券に投資すると、1年ごとに利子が支払われ、1年後には2円の利子が、そして2年後の満期には、2円の利子と100円の額面の合わせて102円、合計104円がもらえます。

しかし、その1年後、金利が上昇します。そうすると、当然、その金利水準で、新たな債券は発行されます。例えば、1年後に満期を迎える固定利子付の国債が金利3%、額面と同じ100円で発行されたとしましょう(以下、B債券とします)。

このとき、どんなことが起こるのでしょう?

この時点で、1年前に発行されたA債券も、新たに発行されたB債券も満期限は同じ、1年後です。
しかし、B債券では、1年後に3%の利子がもらえますが、A債券では2%の利子しかもらえません。

もし、価格が同じ100円であるならば、A債券を選ぶ人はいません。同じ100円を払って債券を買うならば、1年後に102円をもらえるA債券よりも、103円もらえるB債券のほうが大きなリターンが得られるのですから。

そこで、A債券を売ろうとするためには、100円よりも値下げして、投資家にとって、B債券に投資するのと同じ利回り(リターン)になるような値段にしなくてはなりません。

このような仕組みで、金利が上昇すると、債券の価格が下落することになるのです。

デュレーションの値が大きい(長い)債券ほど、債券価格の金利に対する感応度が高く、金利上昇時には、より大きな値下がりが予想されます。