第一勧業アセットマネジメント、「DKA インデックス株価参照ファンド06-12」を新規設定


第一勧業アセットマネジメントは、12月25日、信託期間5年(早期償還条項付)の単位型株式投資信託「DKAインデックス株価参照ファンド06-12(愛称:リターンエース10)」を新規設定する。

“リターンエース”シリーズは、2004年9月に設定以来、これまでに9本のファンドが設定されてきた。“リターンエース”シリーズの10番目にあたる「DKAインデックス株価参照ファンド06-12」は、池田銀行が創業55周年を記念して取り扱う同行専用のリスク軽減型ファンドで、11月20日(月)より募集が開始される。

DKA インデックス株価参照ファンド06-12の特徴は次の通り。

  1. 年1回の分配目標
    年1回の決算日に、目標分配額を支払うことを目指す。目標分配額(1口当たり)は、第1期509円、第2期50円、第3期以降は10円。
  1. 早期償還スキーム
    年1回の判定日 に、日経平均株価が早期償還水準[第1期は当初株価の105%、第2期は当初株価の100%、第3期は当初株価95%、第4期は当初株価の90%]以上であった場合、直後の決算日に投資元本(1口当たり1万円)+目標分配額で早期償還することを目指す。
  1. 条件付元本保証
    早期償還されない場合でも、株価観測期間中の日経平均株価がワンタッチ水準[当初株価の60%]を超えて下落しなければ、満期償還時に投資元本を確保することを目指す。なお、ワンタッチ水準を超えて下落しても、最終株価が当初株価の100%以上となった場合は、満期償還時に投資元本を確保することを目指す。

「DKAインデックス株価参照ファンド06-12」の信託期間は2006年12月25日から2011年12月24日(早期償還条項付)。申込期間は2006年11月20日から2006年年12月22日まで。申込単位は10口以上1口単位。申込価額は1口当たり1万円。販売会社は池田銀行。