CNX Nifty 指数とは?(Nifty 50指数)


CNX Nifty 指数とは

CNX Nifty 指数は、インドを代表する株価指数で、インドのナショナル証券取引所に上場している銘柄のうち、時価総額、流動性、浮動株比率 等の基準を用いて選定した50銘柄の株価を時価総額比率で加重平均し、指数化しています。CNX Nifty指数はNifty50指数とも呼ばれています。

CNX Nifty 指数は、CRISIL社(旧Credit Rating Information Services of India Limited)とインドのナショナル証券取引所(National Stock Exchange=NSE)とのジョイントベンチャーとして設立されたインディア・インデックス・サービス・アンド・プロアダクツ・リミテッド(IISL)社が所有し、管理を行なっています。指数名にあるCNXはCRISIL社とNSEを意味しています。

また、英語でNifty は「素晴らしい」「粋な」という意味で、投資の世界で「Nifty Fifies」は人気のある50銘柄という意味で使われています。

 

CNX Nifty指数の上位10位銘柄(2017年11月3日現在)

nifty50

 

CNX Nifty指数のセクター別構成(2017年10月末現在)

内訳を見ると、金融サービスセクターが35.09%と最も大きく、次にエネルギー、IT、自動車と続いています。

セクター 構成比率(%)
FINANCIAL SERVICES(金融サービス) 35.09
ENERGY(エネルギー) 15.48
IT(IT) 10.80
AUTOMOBILE(自動車) 10.27
CONSUMER GOODS(消費財) 9.25
METALS(金属) 4.65
PHARMA(薬品) 4.23
CONSTRUCTION(建設) 3.79
TELECOM(通信) 2.43
CEMENT & CEMENT PRODUCTS(セメント&セメント関連製品) 1.67
SERVICES(サービス) 0.85
MEDIA & ENTERTAINMENT(メディア&エンターテイメント) 0.75
FERTILISERS & PESTICIDES(肥料&農薬) 0.73

 

CNX Nifty 指数をベンチマークとする投資信託

東京証券取引所に上場している「NEXT FUNDS インド株式指数・CNX Nifty 連動型上場投信(1678)」はこのCNX Nifty指数への連動を目指すETFです。また、同じく東京証券取引所に上場している「上場インデックスファンドNifty50先物(インド株式)(1549)」はCNX Nifty指数先物への連動を目指すETFです。

CNX Niftyの最新情報(インド・ナショナル証券取引所)