ラッセル野村小型インデックスとは?


ラッセル野村小型インデックスとは?

ラッセル野村小型インデックスは、日本の小型株の動向を示す株価指数です。

ラッセル野村小型インデックスは、米国ワシントン州シアトルを本拠地とする世界的な運用会社であるフランク・ラッセル・カンパニー(Frank Russell Company)と野村証券金融工学センターが共同で開発し、算出しています。

ラッセル野村小型インデックスは日本の上場銘柄および店頭登録銘柄の時価総額上位98%のうち、時価総額下位約15%で構成され、2017年10月末現在、1136銘柄で構成されています。ラッセル野村小型インデックスは英語で「RUSSELL/NOMURA Small Cap Index」と表示されます。1979年12月29日を基準日として、この日の指数値を100として算出されています。

 

ラッセル野村小型インデックスをベンチマークとする投資信託の例:

日本株の小型株を投資対象とするファンドの多くがこの指数をベンチマークとしています。

  • グローバル・ラップ 日本小型株式ファンド(日興アセットマネジメント)
  • 新光日本小型株ファンド(アセットマネジメントOne)
  • 野村小型株オープン(野村アセットマネジメント)
  • ノムラファンドマスターズ日本小型株(野村アセットマネジメント)
  • 野村日本真小型株投信(野村アセットマネジメント)