東証 REIT Core 指数とは?


不動産投資信託(REIT)

東証 REIT Core 指数とは?

東証REIT Core指数は、日本の不動産投資信託の動向を示す指数の一つです。

東証REIT Core指数は、東証REIT指数を構成する不動産投資信託、つまり東京証券取引所に上場している全ての不動産投資信託の中から、浮動株時価総額と売買代金の大きな銘柄を選定して算出されています。

指数名の「東証」は東京証券取引所、「REIT」はReal Estate Investment Trustの略称で、不動産投資信託(不動産投資法人)を意味し、「Core」は中核を意味します。つまり、不動産投資信託市場の中核を成す銘柄で構成された指数ということです。主な不動産投資信託が全体としてどのような動きをしているかを知るのに便利な指数です。

 

東証REIT指数との違い

では、東証REIT指数と東証REIT Core指数の違いをもう少し詳しく見てみましょう。

 銘柄数の違い

2018年6月20日現在、東証REIT指数は、上場している全ての不動産投資信託59銘柄で構成されていますが、東証REIT Core 指数は2018年6月7日時点で次の26銘柄で構成されています。

(銘柄コード順)

銘柄コード

銘柄名

1 3226 日本アコモデーションファンド投資法人
2 3234 森ヒルズリート投資法人
3 3249 産業ファンド投資法人
4 3269 アドバンス・レジデンス投資法人
5 3279 アクティビア・プロパティーズ投資法人
6 3281 GLP投資法人
7 3283 日本プロロジスリート投資法人
8 3292 イオンリート投資法人
9 3295 ヒューリックリート投資法人
10 3309 積水ハウス・リート投資法人
11 3462 野村不動産マスターファンド投資法人
12 8951 日本ビルファンド投資法人
13 8952 ジャパンリアルエステイト投資法人
14 8953 日本リテールファンド投資法人
15 8954 オリックス不動産投資法人
16 8955 日本プライムリアルティ投資法人
17 8956 プレミア投資法人
18 8960 ユナイテッド・アーバン投資法人
19 8961 森トラスト総合リート投資法人
20 8964 フロンティア不動産投資法人
21 8967 日本ロジスティクス・ファンド投資法人
22 8972 ケネディクス・オフィス投資法人
23 8976 大和証券オフィス投資法人
24 8984 大和ハウスリート投資法人
25 8985 ジャパン・ホテル・リート投資法人
26 8987 ジャパンエクセレント投資法人

なお、構成銘柄については、毎年6月最終営業日に算出対象の定期入替及び構成比率の見直しが実施され、12月最終営業日に構成銘柄の構成比率のみ見直しが行われます。

 

構成比率算出方法の違い

東証REIT指数では、組入銘柄の構成比率は、時価総額加重方式で決定されるのに対し、東証REIT Core指数では、均等加重方式が採用されています。

 

東証REIT Core指数と東証REIT指数の比較

東証 REIT Core 指数 東証REIT指数
組入対象資産 東京証券取引所に上場している不動産投資信託 東京証券取引所に上場している不動産投資信託
構成銘柄数 26(2018年6月7日現在) 59(2018年6月20日現在)
各銘柄構成比率 均等加重方式 時価総額加重方式
基準日/基準値 2018年2月23日 /1000 2003年3月31日/1000
連動ETF MAXIS Jリート・コア上場投信(2517) NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 (1343)上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型 (1345)

NZAM 上場投信 東証REIT指数 (1595)

MAXIS Jリート上場投信 (1597)

 

東証REIT Core指数への連動を目指すETF

MAXIS Jリート・コア上場投信(2517)は東証REIT Core 指数をベンチマークとするETFです。同ETFは、三菱UFJ国際投信株式会社が運用・管理するETFで、2018年4月17日に東京証券取引所に上場しました。