ファンドの平均格付けとは何ですか?


ファンドの平均格付けとは

ファンドの平均格付けとは、ファンドが組み入れている債券の格付けを、組み入れ比率によって加重平均したものです。

債券に投資する投資信託目論見書などに、「ポートフォリオの全体の平均格付けを原則としてAAとします」などという記載がある場合があります。 これは、ファンドが組み入れている債券の格付けを平均(加重平均)したものがAA(「ダブルA」と読む)となるように、様々な債券を組み合わせて投資するということです。なお、格付は、格付機関と呼ばれる専門の会社が各債券に対して付与しています。

 

平均格付の考え方

例えば、あるファンドは、ファンドの資産の50%を格付けA(「シングルA」と読む)の債券に投資し、残りの50%を格付けがAAA (「トリプルA」と読む)債券に投資していたとします。このファンドの平均格付けはAAということになります。これは極端な例であり、実際には、運用会社が独自に各格付けにポイントを付け、そのポイントの加重平均を出すなど独自の計算方法があるようです。

 

平均格付を維持する意味

ファンドの平均格付けを一定以上に維持するように運用するということは、ファンド全体の信用リスクが高くなりすぎないようにするという意味を持っています。また、目標とする平均格付けのレベルはファンドにより異なります。「AA」以上のレベルに維持するファンドもあれば、「AA-(AAマイナス)」としているファンドもあります。もちろん、それ以外のレベルに維持するファンドもあります。