ハイグレード債券とは?


ハイグレード債券

ハイグレード債券とは、債券の中でも、格付けが高い債券のこと指します。ハイグレードのハイは英語のhighで高いという意味、グレードは英語のgradeで等級を意味しています。

 

債券の格付け

債券は格付機関と呼ばれる専門機関により格付けが付与されています。格付けは、債券の元本と利息の相対的な支払能力、つまり元本がきちんと返却されるか、約束された利息を支払う能力があるのかについての信用力をランク付けしたもので、格付機関が独自にアルファベットなどの記号を使用して表示・公表しています。

この格付けにより債券は大きく「投資適格」か「投機的」かに分類されます。代表的な格付機関であるムーディーズの場合は「Baa」格以上、スタンダード・アンド・プアーズの場合は「BBB」格以上に格付けされた債券を「投資適格債」と呼び、それより低い格付けの債券を投機的格付債と呼びます。ハイグレード債券は、この投資適格債券の中でも、一般に上位2位までのものを指しますので、最も格付けが高い、信用力の高い債券ということになります。

 

ハイグレード債券に投資するファンド

したがって、ハイグレード債券に的を絞って投資するファンドは、そうでないファンドよりもリスクが低く抑えられていることを意味しますが、その分、期待できるリターンも低くなります。

具体的にどの格付けの債券を投資対象とするかは、ファンドにより異なり、投資対象債券の詳細はファンドの目論見書に記載されています。

 

ハイグレード債券を投資対象とするファンドの目論見書の記載例

ハイグレード債券を投資対象とするファンドの目論見書(投資信託説明書)では、「ハイグレード債券に投資する」というような記載ではなく、次のように、投資対象とする債券の格付けを特定する記載がされています。

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)(愛称:杏の実)

  • 社債の格付けは取得時においてAA格相当以上とすることを基本とします。

りそな ハイグレード・ソブリン・ファンド(毎月決算型)

  • 国債の格付けは、取得時においてA各相当以上、国債以外の格付けは、取得時においてAA各相当以上とすることを基本とします。

ハイグレード・USドル・ボンド・オープン(毎月分配型)(愛称:打出の小槌)

  • 米ドル建の公社債等の投資にあたっては、取得時において、AA格相当以上とすることを基本とします。