プロスポーツのスポンサー企業に投資するETF「ProSports Sponsors ETF」


ProSports Sponsors ETF

2017年7月11日に、ユニークなETFが米国のBATS 取引所に上場しました。それが、プロスポーツのスポンサー企業に投資するETF「ProSports Sponsors ETF (ティッカーコード:FANZ)」です。

ProSports Sponsors ETF

ProSports Sponsors ETFとは

ProSports Sponsors ETFは、米国の主要プロスポーツであるプロ野球、プロフットボール、プロバスケットボール、プロホッケーのオフィシャルスポンサー企業やこれらのプロリーグと権利条約を締結している放送事業者に分散投資するETFです。ベンチマークは、新たにこのETFのために設計・算出されたProsports Sponsors Indexです。運用会社SportsETFs、このProSports Sponsors ETFは同社初のETFです。同社はProSports Sponsors ETFは、スポーツファンのためのETFであると謳っています。

 

上位組入銘柄

ProSports Sponsors ETFの2017年8月4日現在の上位組入銘柄は次のようになっています。

企業 事業 組入比率
TAKE-TWO INTERACTIVE SOFTWRE テレビゲーム・周辺機器 2.11%
ROGERS COMMUNICATIONS INC-B カナダの大手通信企業 2.10%
ELECTRONIC ARTS INC ビデオゲーム・コンピューターゲーム販売会社 1.87%
NEW RELIC INC ソフトウェア・アナリティクス 1.77%
LIVE NATION ENTERTAINMENT IN 大手イベントプロモーター 1.76%
BANCO BILBAO VIZCAYA-SP ADR スペインを本拠地とする大手銀行 1.74%
CANADIAN TIRE CORP-CLASS A カナダの大手小売チェーン 1.72%
MCDONALD’S CORP ファストフード 1.70%
EXTREME NETWORKS INC ネットワーク機器の製造、販売 1.69%
CIGNA CORP ヘルスサービス・保険 1.69%

(出所:ProSports Sponsors ETF)

リスクについて

ProSports Sponsors ETFは、発想はとてもユニークですし、スポーツファンにとっては気になる投資対象かもしれません。また、構成銘柄についてもよく知られた企業が並んでいます。しかし、現時点(2017年8月現在)の最大の問題は流動性が小さいことです。BATSで確認すると取引があまり成立していません。流動性の小さいETFは、買いたい時や売りたい時に合理的な価格での取引ができない、あるいは売却できないという問題があり、リスクの高い投資対象であると言えます。

なお、日本ではProSports Sponsors ETFを取り扱っている証券会社はありません。(2017年8月現在)

流動性のないETFには注意が必要