個人型確定拠出年金の掛け金の納付の方法


毎月納付が原則

個人型確定拠出年金では、掛け金は基本的には、毎月同じ金額を納付(積み立て)します。納付は預金口座などからの口座振替で行なわれます。口座は加入者本人名義のものでなければなりません。第2号加入者の場合、掛け金は給与天引きによって事業主の口座から口座振替で納付することになります。ただし、天引きによる納付を希望しない場合には、本人名義の口座から口座振替で納付することも可能です。毎月の掛け金は翌月の26日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)に振り替えられます。

 

掛け金の「年単位拠出」

iDeCoの掛け金は、基本的には毎月同じ金額を納付することになっていますが、2018年1月からは、掛け金の拠出(納付)を1年単位で考え、加入者が年1回以上、任意に決めた月にまとめて供出することが可能になりました。これを、年単位拠出と呼びます。