組み入れている債券が格下げされたら、ファンドにはどんな影響があるの?

債券格下げの影響 債券の「格付け」とよばれる評価は、第三者の格付機関が独自の基準に基づいて、企業の信用力や債務返済能力などを調査して、それを公表しているものです。 したがって、あくまでも、その機関独自の「評価」に過ぎない …

ファンドの平均格付けとは何ですか?

ファンドの平均格付けとは ファンドの平均格付けとは、ファンドが組み入れている債券の格付けを、組み入れ比率によって加重平均したものです。 債券に投資する投資信託の目論見書などに、「ポートフォリオの全体の平均格付けを原則とし …

世界銀行グリーンボンドとは?

グリーンボンドとは グリーンボンドは、気候変動問題に取り組むプロジェクトのための資金を調達するために世界銀行が発行する債券のことです。世界銀行とは国際復興開発銀行と国際開発協会のことです。世界銀行は、2008年に公共セク …

投資適格債とは、どのような債券ですか?

投資適格債とは 債券は格付機関であるムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズ社などにより格付けされています。この格付けは、その債券の元本および利息の相対的な支払能力をランク付けたものです。 ムーディーズの場合はBaa …

PCAアセットの3ファンド、SBI証券が取扱い開始

PCAアセット・マネジメント株式会社が運用する「PCAアジア・インカム・プラス」、「PCA米国高格付社債オープン」、「PCA欧米高利回り社債オープン」の3本は、2010年7月21日より、株式会社SBI証券にて取扱いが開始 …

みずほ投信投資顧問、「MHAM日経平均参照ファンド09‐04」を新規設定

みずほ投信投資顧問は、4月28日、信託期間1年6ヵ月の単位型投信「MHAM日経平均参照ファンド09-04(愛称:春のいぶき)」を新規設定する。募集期間は4月1日から4月27日まで。販売会社はきらやか銀行、中国銀行、東京ス …

みずほ投信投資顧問の「高格付先進国ソブリンファンド(毎月決算型)」、北國銀行にて販売開始

みずほ投信投資顧問は、2008年12月1日設定の「高格付先進国ソブリンファンド(毎月決算型)」を3月2日より北國銀行にて販売開始すると発表した。 同ファンドは、日本を除く先進国のソブリン債を投資対象とし、安定した収益の確 …

ピーシーエー・アセット・マネジメント、「日興PCA 米国社債ファンド(限定追加型)」を日興コーディアル証券で募集開始

ピーシーエー・アセット・マネジメントは、「日興PCA 米国社債ファンド(限定追加型)」を2月9日(月)より日興コーディアル証券を通して募集開始する。同ファンドは、マザーファンドを通じて、主に米国の高格付社債に投資すること …

みずほ投信投資顧問、「MHAM日経平均参照型投信08-11(愛称:ショート・トリップ2)」を新規設定

みずほ投信投資顧問株式会社は、11月28日、信託期間約1年3ヵ月の単位型株式投資信託「MHAM日経平均参照型投信08-11(愛称:ショート・トリップ2)」を新規設定する。“リターンエース”シリーズにつづき、池田銀行専用フ …

かざか証券、「TA高格付海外債券ファンド(毎月分配型)」を募集開始

かざか証券株式会社は2008年5月15日よりトヨタアセットマネジメント株式会社が新規に設定する「TA高格付海外債券ファンド(毎月分配型)(愛称:きらきら星)」の募集を開始した。 「TA高格付海外債券ファンド(毎月分配型) …