ファンドの評価に使われる「ベータ」とは?


ベータ(β)とは

ベータ(β)は、個別のファンドが、市場全体の値動きに対して、どれだけ反応して、変動するのかを表した数値のことで、リスクを数値化するための指標として利用されています。一般に、「市場感応度」などとも呼ばれます。ファンドだけでなく、個別銘柄についても利用される評価指標です。

ベータ値が1より小さい場合、そのファンドは、市場全体の値動きよりも、小さな値動きをしているファンドであることを示し、1より大きい場合、市場全体の値動きよりも大きな値動きをするファンドであることを示します。

つまり、ベータ値が小さいほど、値動きが緩やかであり、価格変動のリスクが小さく、逆に、ベータ値が大きいほど、値動きは激しく、価格変動のリスクが大きいことを表しています。

たとえば、ベータ値が1.5であるAファンドは、市場平均が10%上昇した場合、15%上昇し、市場平均が10%下落した場合15%下落すると想定されます。

 

ベータ利用の注意点

市場全体の値動きを表す指標としては、たとえば日本株に投資するファンドであれば、「東証株価指数TOPIX)」のような代表的な株価指数などが利用されます。ただし、このベータ値は、あくまでも過去の実績にもとづいて、市場平均との比較で導かれたリスクの指標であり、将来について、絶対的なリスクの大きさを示すものではないことを理解しておくことが必要です。

各ファンドのベータ値については、モーニングスター社などの評価会社が算出・公表していますので、関心のあるファンドについて調べてみましょう。