運用会社別純資産総額(2018年9月)

投資信託全体の動向 投資信託協会が発表した投資信託概況(2018年9月)によると、投資信託業界全体(合計82社)で、契約型公募投資信託の設定額(販売額)は5兆5,568億円、解約額は5兆135億円、償還額が661億円で、 …

SBI証券、証券投資の日(10月4日)限定で、投資信託の買付手数料を実質無料化

SBI証券は、 2018年10月4日(木)に『証券投資の日は投信で投資!』キャンペーンを実施し、同日中に注文された投資信託の買付手数料を実質無料(全額キャッシュバック)とし、さらに初めて※1国内株式の現物取引もしくは信用 …

国内最大ファンド・ランキング(2018年8月)

フィデリティ・USハイ・イールド・ファンドが1位をキープ 投資信託事情・投信まとなびによると、2018年8月の国内最大ファンド上位50位ランキング(追加型株式投資信託、ETFは除く)は除く)は下表の通りでした。 フィデリ …

楽天証券、SPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象に

楽天証券は、2018年9月より、楽天株式会社で実施しているSPU(スーパーポイントアッププログラム、 以下「SPU」)の対象サービスに加わった。 これにより、「楽天スーパーポイント」※1などを利用した投信信託の購入(「ポ …

国内最大ファンド・ランキング(2018年7月)

フィデリティ・USハイ・イールド・ファンドが1位をキープ 投資信託事情・投信まとなびによると、2018年7月の国内最大ファンド上位50位ランキング(追加型株式投資信託、ETFは除く)は除く)は下表の通りでした。 フィデリ …

投資信託の販売会社の評価の「見える化」とは

投資信託の販売会社の評価の「見える化」とは 投資信託の販売会社の評価の「見える化」とは、投資家が銀行や証券会社などの投資信託の販売会社を容易に比較できるように、共通指標を用いて投資信託の販売会社の評価を分かりやすく示す= …

運用会社別純資産総額推移(2018年4月)

投資信託全体の動向 投資信託協会が発表した2018年4月の契約型公募投資信託の投資信託会社別資産増減状況によると、運用会社全社(80社)の投資信託の設定額は約5.27兆円、解約額は5.07兆円、償還額は370億円で、差引 …

かんき出版、『はじめての人にもわかる金融商品の解剖図鑑』発売

株式会社かんき出版は、 『はじめての人にもわかる金融商品の解剖図鑑』(吉澤大/著)を2018年4月16日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売する。 本書は、 投資家で、 かつ税理士でもある著者が、 全くのポ …

株式会社ピースオブケイク、『投資信託の使いかた』を2月15日(木)に発売

株式会社ピースオブケイクは、2月15日(木)に「スマート新書」シリーズの新刊、『「わかってる人」がみんなやっている 投資信託の使いかた』を発売開始した。 「スマート新書」は、”手のひらにおさまる教養”をコンセプトにした、 …

国内最大ファンド・ランキング(2017年7月)

純資産額第1位はフィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無) 投資信託事情・投信まとなびによると、2017年7月の国内最大ファンド上位50位銘柄(追加型株式投資信託、ETFは除く)は除く)は下表の通りでした。 フィデ …

SMBC日興証券、「つみたての夏。」投信積立キャンペーンスタート

SMBC日興証券は、8月1日(火)より、 「つみたての夏。 」投信積立キャンペーンを実施する。同キャンペーンはSMBC日興証券が運営する投資情報サイト「FROGGY(フロッギー)」と連携して実施する初のキャンペーンとなる …

国内最大ファンド・ランキング(2017年6月)

純資産額第1位はフィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無) 投資信託事情・投信まとなびによると、2017年6月の国内最大ファンド上位50位(追加型株式投資信託、ETFは除く)は除く)は表の通りでした。 ko同ファン …

北海道銀行、「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド」の 取扱い開始

ピクテ投信投資顧問が運用する「ピクテ・マル チアセット・アロケーション・ファンド 愛称 クアトロ」の販売会社に7月3日から北海道銀行が加わる。 同ファンドは、プライベートバンクをルーツとするピクテの経験とノウハウを活かし …

国内最大ファンド・ランキング(2017年5月)

純資産額第1位はフィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無) 投資信託事情・投信まとなびによると、2017年5月の国内最大ファンド上位50位(追加型株式投資信託、ETFは除く)は除く)は表の通りでした。 フィデリティ …

マネックス証券、投資信託の最低購入金額引き下げ

マネックス証券は、 2017年7月10日(月)申込受付分(予定)より、 積立サービスを含む投資信託の最低購入金額を引き下げることを決定した。 この引き下げにより、 投資信託の通常購入とマネックス証券の取引口座からの積立サ …

国内最大ファンド・ランキング(2017年4月)

4月も純資産額第1位はフィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無) 投資信託事情・投信まとなびによると、2017年4月の国内最大ファンド上位50位(追加型株式投資信託、ETFは除く)は表の通りでした。 フィデリティ投 …

JPモルガン、国内初の新興国小型株式ファンドを設定

JPモルガン・アセット・マネジメントは、2017年5月29日、「JPM新興国小型株式ファンド(愛称:エマージング・フューチャー)」の募集を開始した。同ファンドの当初申込期間は2017年5月29日から6月9日まで、設定日は …

国内最大ファンド・ランキング(2017年3月)

純資産額第1位はフィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無) 投資信託事情・投信まとなびによると、2017年3月の国内最大ファンド上位50位(追加型株式投資信託、ETFは除く)は除く)は表の通りでした。 フィデリティ …

第2回「楽天証券ファンドアワード」最優秀ファンド決定

楽天証券は、 第2回「楽天証券ファンドアワード」における最優秀ファンドを次の通り決定した。 <第2回 楽天証券ファンドアワード最優秀ファンド一覧> ■国内株式部門 「日興ジャパン高配当株式ファンド」 日興アセットマネジメ …

「インベスコ 世界厳選株式オープン(毎月決算型)(愛称:世界のベスト)」、 SMBC日興証券で取扱い開始

インベスコ・アセット・マネジメントは、同社のファンド「インベスコ 世界厳選株式オープン<為替ヘッジあり>(毎月決算型)/<為替ヘッジなし>(毎月決算型)(愛称:世界のベスト)」が本日2017年4月17日より、SMBC日興 …

国内最大ファンド・ランキング(2017年2月)

純資産額第1位はフィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無) 投資信託事情・投信まとなびによると、2017年2月の国内最大ファンド上位50位(追加型株式投資信託、ETFは除く)は除く)は表の通りでした。 フィデリティ …

イーストスプリング、「イーストスプリング米国小型厳選バリュー株ファンド 」を設定

イーストスプリング・インベストメンツは2017年3月17日に 「イーストスプリング米国小型厳選 バリュー株ファンド Aコース(為替ヘッジあり)」ならびに「イーストスプリング米国小型厳選バリュー株ファンド Bコース(為替ヘ …

カブドットコム証券、米国関連ファンドの取り扱いを拡大

カブドットコム証券は、2017年3月27日(月)より、三井住友トラスト・アセットマネジメント、大和証券投資信託委託、アセットマネジメントOneが運用するファンド6本の取り扱いを開始する。これによりカブドットコム証券の取り …

特殊型の投資信託とは?

特殊型の投資信託とは 投資信託の商品分類に「特殊型」という分類があります。特殊型の投資信託とは、運用方法が一般的ではない、あるいは複雑な投資信託のことです。投資信託協会が採用している投資信託の商品分類において、「投資家に …

「一億人の投信大賞」が発表されました

「一億人の投信大賞2016」が2017年2月8日に発表されました。一億人の投信大賞は、「普通の人が普通に長期投資で資産形成をするための投資信託」という視点で選定された投資信託に与えられる賞のことです。イボットソン・アソシ …

楽天証券、チャート表示機能「投信あしあと」サービスを開始

楽天証券は、 2016年10月29日(土)より、 これまでの投資信託の取引状況が、 一目でわかるチャート表示機能「投信あしあと」サービスをリリースする。 「投信あしあと」サービスは、 楽天証券で取引した投資信託について、 …

カブドットコム証券、低コストのネット専用ファンドなど27本を新規取扱

カブドットコム証券は、2016年8月22日(月)および2016年8月29日(月)より、野村アセットマネジメント、ピクテ投信投資顧問、ニッセイアセットマネジメントが運用するファンド27本の取扱を開始する。 ニッセイアセット …

あおぞら投信、「リスク水準と期待リターンを合わせて選ぶ」あおぞら・しずくシリーズを設定 

あおぞら銀行の運用子会社である、 あおぞら投信株式会社は7月29日に「あおぞら・先進国中短期公社債ファンド(為替ヘッジあり)」(愛称:海のしずく)、「あおぞら・先進国バランス・ファンド(為替ヘッジあり)」(愛称:森のしず …

SMBC日興証券、ダイレクトコースに新たに8本のファンドを追加

SMBC日興証券は、 「ダイレクトコース」の顧客がオンライントレード(愛称:日興イージートレード)で取引できる投資信託について、 2016年6月24日より、新たに8本の取り扱いを開始した。 為替リスクを回避したい顧客向け …

フィデリティ証券、投資信託「ファンド詳細ページ」を全面リニューアル

フィデリティ証券株式会社は、2016年6月11日より同社が取り扱うすべての投資信託(450本以上)の情報を確認できる「ファンド詳細ページ」を全面リニューアルした。 フィデリティ証券は、「今回の全面リニューアルは、かねてよ …

「インベスコ ジャパン成長株・夢ファンド」、岩井コスモ証券で募集開始

インベスコ・アセット・マネジメントは、わが国の中小型株式を実質的な主要投資対象として運用を行う公募投資信託「インベスコ ジャパン成長株・ 夢ファンド 【愛称:未来のたまご】」を、本日2016年6月1日より募集開始し、新規 …

運用会社別純資産総額推移(2016年4月)、運用による資産増加額が最も大きかったのはシンプレクス

投資信託協会が発表した2016年4月の投資信託概況によると、契約型公募投資信託全体の設定額は4兆8,760億円、解約額は5兆4,381億円、償還額は3,110億円で、差引き8,731億円の資金純減となりました。 純資産総 …

スタンダード&プアーズ・セレクト・ファンド・ステータスとは?

2000年6月13日、スタンダード&プアーズは、日本籍の投資信託の新しい評価指標として「スタンダード&プアーズ・セレクト・ファンド・ステータス」を設定すると発表した。 スタンダード&プアーズは、社団法人投資信託協会に登録 …

投資助言契約とは、どのような契約のことですか?

投資助言契約とは 目論見書を読んでいて「投資助言契約」という言葉を目にしたことがある方も多いでしょう。例えば「当ファンドでは、豊富な専門アナリストを擁する○○アセットマネジメント社と投資助言契約を結んでいます。同社のアナ …

日本では、投資信託はいつ頃から存在していたのですか?

日本で最初の投資信託 投資信託は多くの人のお金を一つにまとめて運用する「共同投資」が基本となっていますが、現在の証券投資信託のように共同投資の概念に基づいて有価証券に投資する形が日本で初めて登場したのは、1937年に設立 …

投資信託の評価機関とはどのような機関ですか?

投資信託の評価機関とは 投資信託の評価機関とは、投資信託の運用パフォーマンスの評価を行う機関のことです。 ほとんどの評価機関は追加型の株式投資信託を評価の対象としており、約2000本余の追加型株式投資信託を投資対象の違い …

投資信託の超過リターン(超過収益)とは何ですか?

投資信託の超過リターン(超過収益) 投資信託の月報などに「当ファンドは今期1.5%の超過リターンを達成しました」などというコメントが掲載されていることがあります。この「超過リターン(又は、超過収益)とは、投資信託の収益率 …

ファンドの評価に使われる「ベータ」とは?

ベータ(β)とは ベータ(β)は、個別のファンドが、市場全体の値動きに対して、どれだけ反応して、変動するのかを表した数値のことで、リスクを数値化するための指標として利用されています。一般に、「市場感応度」などとも呼ばれま …

ファンドの評価に使われる「シャープ測度」って何ですか?

シャープ測度とは シャープ測度とは、リスク調整後リターンの測定方法のひとつで、得られたリターンの大きさに単純に注目するのではなく、どれだけ安定的に高いリターンをあげることができているかを測るための指標です。投資信託の評価 …

投資信託にかかる間接費用の「売買委託手数料」とはどのような手数料ですか?

売買委託手数料 投資信託会社が投資信託の運用において株式や債券などの有価証券を売買する場合には、売買の注文を証券会社に出し、証券会社がそれを実行します。この際に売買代金に対して○%という比率で委託会社から証券会社へ支払わ …

投資信託の経費率とは?

投資信託の経費率とは 一般に、投資信託の経費率とは投資信託の決算期間にファンドに計上された費用と期末時点でファンドの純資産総額を比較した数字を指します。純資産総額に占めるファンド経費の割合です。 経費には、信託報酬、有価 …

大口専用ファンドとは何ですか?

大口専用ファンドとは 大口専用ファンドは、事業法人や機関投資家のみが購入できる投資信託のことです。 投資信託は個人投資家だけのための商品ではありません。事業法人や機関投資家なども積極的に資産運用のツールとして投資信託を利 …

受託会社の役割は何ですか?

受託会社の役割とは 投資信託の運営において、受託会社の役割は信託財産の管理、処分を行うことです。これは信託法により定められています。 (契約型)投資信託においては、証券会社や銀行などの販売会社によって集められた投資家の資 …

投資信託の委託会社は何をする会社ですか?

投資信託の委託会社とは、投資信託をつくり(設定)、投資家から集めた資金を運用する会社です。一般には運用会社、投資信託会社と呼ばれます。 委託会社は信託銀行と結んだ信託契約により受益証券を発行し、投資信託を購入した投資家は …

会社型の投資信託と契約型の投資信託の違いは何ですか?

会社型投資信託と契約型投資信託 投資信託は設立形態の違いにより「会社型」と「契約型」があります。会社型の投資信託を投資法人と呼びます。会社型も契約型も、投資家から資金を集め、その資金で投資を行なって、投資成果を投資家に分 …

大型株ファンドの特徴は?

大型株ファンド 大型株を主な投資対象としている投資信託を一般に「大型株ファンド」と呼びます。 「大型」の銘柄というと、上場株式数の多い会社、時価総額の大きい会社、資本金が大きい会社など、様々な考え方がありますが、東京証券 …

国際株式型欧州型のファンドとは?

国際株式型欧州型のファンド 国際株式型欧州型というのは、投資信託の業界団体である投資信託協会が平成20年12月まで採用していた投資信託の商品分類の一つで、「約款上の株式組入限度70%以上のファンドで、主として欧州の株式に …

未公開株ファンドとは?

未公開株ファンド 未公開株とは証券取引所に上場していない株式のことですが、投資家から預かった資金をこの未公開株で運用するファンドを未公開株ファンドと呼びます。投資した企業が将来において株式公開した後に、その株式を売却して …

下方リスクとは?

下方リスクとは 下方リスクとは、「投資が裏目に出る場合、その損失が発生する確率や、損失の大きさ」のことです。これは普通にリスクといって私たちが想像するものと大差ありません。それにもかかわらずあえて「下方」という言葉を付け …

毎月分配型ファンドには、どんなリスクがありますか?

毎月分配型ファンドのリスク 「リスク」の捉え方によりますが、毎月分配型ファンドと呼ばれる毎月分配を行なうファンドとそうでないファンドの間に、「リスク」という観点から特に違いはありません。 なぜかというと、投資信託の「収益 …

カブドットコム証券、投信お問合せ専用フリーダイヤル「投信あんしんダイヤル」を開始

カブドットコム証券は、2011年7月7日(木)から、主要ネット証券で初めて投資信託専用のフリーダイヤル「投信あんしんダイヤル」をスタートし、投資信託に関する様々な問合せへの対応を開始した。   カブドットコム証 …

ユナイテッド・ブックス、 日本初の投資信託運用会社の格付け本を発売

株式会社ユナイテッド・ブックスは2010年6月15日(火)、内藤忍/小松原 宰明 著『投資信託は運用会社で選べ!–主要運用会社31社の実績と評価2010年度版』を発売する。また、発売に先行して、インターネット …

エム・ピー・アイ・ジャパン、投資信託分析ソフトの最新版「Stylus Pro(スタイラスプロ) 8.0」を提供開始

エム・ピー・アイ・ジャパン株式会社は、2008年11月17日、ファンド分析ソフト「Stylus Pro(スタイラスプロ)」の日本語版アップデート「Stylus Pro 8.0」の提供を開始した。 エム・ピー・アイ・ジャパ …