シティグループ世界国債インデックスとは?


シティグループ世界国債インデックスは、世界主要国の国債の動向を表す債券指数です。世界主要国の国債の総合投資利回りを各市場の時価総額で加重平均し、指数化しています。1984年12月末を100としています。2003年4月に「ソロモン スミス バーニー世界国債インデックス」から名称変更されました。

2009年5月現在、シティグループ世界国債インデックスは、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、日本、マレーシア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、米国の23カ国の国債市場を対象としています。

主要国の国債を主な投資対象としている投資信託の多くが、この指数をベンチマークとしています。英語表記はCitigroup World Government Bond Index。

なお、日本で一番規模の大きな投資信託として2000年代後半に君臨していたグローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)(運用会社国際投信投資顧問)も、シティグループ世界国債インデックスをベンチマークとしています。

シティグループ世界国債インデックスをベンチマークとするETF