iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックスとは


iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックス

iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックスは、世界のオートメーションとロボティクス(ロボット工学)関連の企業の株価動向を表す指数です。日本を含む世界のオートメーション及びロボティクス関連企業で構成されています。

指数の名称にある「iSTOXX」は、1997年に設立された世界的な指数算出会社であるSTOXX社のことで、同社が特定の企業のためにカスタムメイドで算出・公表する指数において「iSTOXX」というブランド名が使われます。一方で、カスタムメイドではない一般的な指数の場合は「STOXX」というブランド名が指数名に使われています。

また、指数の名称にある「ファクトセット」は、米国のコネチカット州に本社を置く世界的な金融データとソフトウェアの会社のファクトセット社(FactSet)のことです。iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックスは、このSTOXX社とファクトセット社が共同で開発・算出しています。

 

iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックスの構成銘柄

iSTOXXファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックスは、「製造ロボティクス」、「自動運転車」、「3Dプリンティング」、「人工知能」、「スマホ製造」「CAD ソフトウェア」などを含む36以上(2018年11月現在)のロボティクス及びオートメーション分野において技術開発を行なっている企業の中から、これらの事業の収益が企業収益全体の50%以上を占める企業によって構成されています。指数の算出方法は均等加重方式を採用しています。

iSTOXXファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックスは、2018年11月27日現在、103銘柄で構成されており、日本企業では、ダイフク(6383)、オービック(4684)、LINE(3938)、横河電機(6841)、レーザーテック(6920)、キーエンス(6861)などが含まれています。

 

最新チャート

iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボディクス インデックスの最新チャート等→https://www.stoxx.com/index-details?symbol=IXAROBU

 

iSTOXXファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックスをベンチマークとする投資信託(ETF)

2018年11月15日に東京証券取引所に上場した「iシェアーズ オートメーション & ロボットETF(銘柄コード:2522)」は、日本円に換算した同指数への連動を目指すETFで、ブラックロック・グループが運用しています。