JPX日経インデックス400とは?


JPX日経インデックス400とは時価総額加重

JPX日経インデックス400は、日本の株式を対象とする時価総額加重平均型(浮動株調整後)の株価指数です。東京証券取引所、日本取引所グループ及び日本経済新聞社が算出・公表しています。

JPX日経インデックス400は、東京証券取引所 (市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQ)に上場する全ての普通株式等のうち、時価総額、営業利益、ROE等で一定の基準を満たした原則400銘柄を構成銘柄としています。

2013年8月30日を指数算出基準日とし、同日の時価総額を10,000ポイントとして算出されていて、2014年1月6日から算出・公表が開始されました。

 

JPX日経インデックス400の組入銘柄上位10位(2017年9月末日現在)

銘柄名 銘柄コード 業種 構成比率
トヨタ自動車 7203 輸送用機器 1.66%
本田技研工業 7267 輸送用機器 1.58%
キーエンス 6861 電気機器 1.49%
ソフトバンクグループ 9984 情報・通信業 1.45%
KDDI 9433 情報・通信業 1.45%
三井住友フィナンシャルグループ 8316 銀行業 1.44%
ソニー 6758 電気機器 1.42%
日本電信電話 9432 情報・通信業 1.41%
みずほフィナンシャルグループ 8411 銀行業 1.40%
三菱UFJフィナンシャル・グループ 8306 銀行業 1.40%

 

JPX日経インデックス400の指数値(東京証券取引所)

 

JPX日経インデックス400創設の狙い

東京証券取引所では、JPX日経インデックス400の創設にあたり、その狙いを次のように述べました。

資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、「投資者にとって投資魅力の高い会社」で構成される新しい株価指数を創生します。これにより、日本企業の魅力を内外にアピールするとともに、その持続的な企業価値向上を促し、株式市場の活性化を図ります。

 

JPX 日経インデックス400への連動を目指すETFの例:

ETF以外にも、2014年1月7日に設定されたSMT JPX 日経インデックス400など、同指数をベンチマークとする投資信託が運用されています。