CTAとは?


CTAとは

CTAはコモディティ・トレーディング・アドバイザー(Commodity Trading Advisor)のことで、米国における商品先物取引の専門家です。CTAは、独自に開発した商品先物投資プログラムを駆使して運用を行ないます。かつて、日本で販売されていた商品ファンドの多くは、米国のCTAに運用を依頼していました。

米国では、CTAは商品先物取引委員会(US Commodity Futures Trading Commission=CFTC)への登録が義務付けられています。また、投資助言だけでなく投資一任業務を行なうCTAは全米先物業協会(National Futures Association=NFA)の会員になる必要があります。

 

CTAの分類

CTAはテクニカル・トレーダーとファンダメンタル・トレーダーに大別できます。

テクニカル・トレーダーは、価格傾向を追うためにコンピュータープログラムなどを活用し、定量分析を実施します。

ファンダメンタル・トレーダーは、需給関係やその他の市場情報を分析することによって価格を予想します。テクニカルとファンダメンタルの両者を活用するCTAもいます。また、多くのCTAは外国為替、欧州地域、株価指数など、自分の得意とする分野を持っています。

投資信託においても、ファンド・オブ・ファンズ形態を活用して複数の欧米のCTAの投資成果を享受できる仕組みのファンド、CTAのパフォーマンスに連動する投資成果を提供するユーロ円債に投資するファンドがありました。

【関連リンク】