リスク調整後リターンとは?


投資を考える上でもっとも重要な指標がリスクとリターンです。この両方を考慮しして運用の巧拙を表す便利な指標がリスク調整後リターンです。

投資をするとき、まず考えなければならないのはリスクとリターンです。金融市場では一般に、ハイリスク・ハイリターンの原則、すなわちリスクが高いもののリターンは高く、リスクが低いもののリターンは低い、という関係が成り立っています。これらリスクとリターンを同時に考慮してファンドの評価を行うために、ファンドのリスクとリターンなどから、リスク調整後リターンと呼ばれる次のような指標を計算します。

シャープレシオ(シャープ測度)={(リターン)-(リスクのない資産のリターン)} / (リターンの標準偏差)

アルファ=(リターン)-(同程度のリスクを持つパッシブ運用のファンドのリターン)

情報比=(アルファ)/(トラッキング・エラーの標準偏差)

いずれの指標も高ければ高いほど、より優れた運用であることを示します。

なお、「リスクのない資産のリターン」とは、MMFや短期国債など、ほとんどリターンや価格が変動しない金融商品のリターン、トラッキング・エラーとは、同程度のリスクを持つパッシブ運用ファンドのリターンとファンドのリターンの差のことです。