G-SIFIsとは?


G-SIFIsとは

投資信託の中に「G-SIFIsを投資対象とする」というファンドがありますが、このG-SIFIsとはどんな投資対象でしょうか。

G-SIFIsとは、Global Systemically Important Financial Institutionsの頭文字をとったもので、日本語では「グローバルなシステム上重要な金融機関」を意味しています。主要国の中央銀行や金融監督当局、さらにIMF(国際通貨基金)やOECD(経済開発協力機構)などの国際機関などで構成されている金融安定理事会(FSB=Financial Stability Board)が、世界的な金融システムの安定に欠かせないと認定した金融機関のことです。

 

G-SIFIsの認定

FSBは2011年からG-SIFIsの認定を行なっており、2011年11月に、まず、G-SIBs(グローバルなシステム上重要な銀行)として29行を認定しました。また、2013年にはG-SIIs(グローバルなシステム上重要な保険会社)の認定を開始しました。その後、毎年見直しが行われています。

G-SIBs(2018年11月現在)

  1. JP Morgan Chase
  2. Citigroup
  3. Deutsche Bank
  4. HSBC
  5. Bank of America
  6. Bank of China
  7. Barclays
  8. BNP Paribas
  9. Goldman Sachs
  10. Industrial and Commercial Bank of China Limited
  11. Mitsubishi UFJ FG
  12. Wells Fargo
  13. Agricultural Bank of China
  14. Bank of New York Mellon
  15. China Construction Bank
  16. Credit Suisse
  17. Groupe BPCE
  18. Groupe Crédit Agricole
  19. ING Bank
  20. Mizuho FG
  21. Morgan Stanley
  22. Royal Bank of Canada
  23. Santander
  24. Société Générale
  25. Standard Chartered
  26. State Street
  27. Sumitomo Mitsui FG
  28. UBS
  29. Unicredit Group

 

【関連リンク】