JP投信株式会社


特色

JP投信は、ゆうちょ銀行、日本郵便、三井住友信託銀行、野村ホールディングス株式会社20%の合弁で設立された投信会社。

Webサイト
http://www.jp-toushin.japanpost.jp/
沿革(外資系の場合は日本における沿革)
2015年8月18日
ゆうちょ銀行45%、日本郵便5%、三井住友信託銀行30%、野村ホールディングス株式会社20%で合弁会社設立
2015年11月9日
JP投信株式会社へ商号変更
2016年2月18日
第一号ファンド「JP4資産バランスファンド (安定コース/安定成長コース/成長コース) 【愛称:ゆうバランス】」設定。当初同時に設定予定だった「JP日米国債ファンド【愛称:未来の手紙】」は、日本銀行が発表した「マイナス 金利付き量的・質的金融緩和」の導入を受け、設定・運用の開始が中止が2月15日に発表された。