アメリカン・センチュリー・インベストメンツと野村AM、UCITSファンドを設定

さん  2021/08/10

推薦理由


米国の独立系投資顧問会社アメリカン・センチュリー・インベストメンツ野村アセットマネジメント株式会社は、2021年6月30日にNomura Funds Ireland PlcのサブファンドとなるUCITSファンド「American Century U.S. Focused Innovation Equity Fund(ISIN:I USD IE0006AEA9Y8)」を設定したと2021年8月10日に発表した。同ファンドは欧州およびアジアにおいて提供される予定。

American Century U.S. Focused Innovation Equity Fundは、両社が共同で組成したUCITSファンドの4本目にあたる。長期的に見て大きな成長ポ テンシャルを有する、成長の初期および加速段階にある企業を早期に発掘する運用プロセスにより、リ ターンを提供することを目指す。投資する銘柄数は、運用チームが長期にわたり高い成長率を持続することが可能と判断する30~45社。チームのファンダメンタルズ分析では、企業の競争優位性や成長に影響を与え得るESGリスク、高い収益性を実現する力、更なる規模と競争優位性の拡大を目指し資本を再投資する経営陣の能力、などを厳格に評価する。

このファンドの運用は、アメリカン・センチュリー・インベストメンツのシニア・ポートフォリオ・マネージャーであるキース・リー氏とマイケル・リー氏、およびポートフォリオ・マネージャーのプラバ・ラム氏とヘンリー・ヒー氏が率いる経験豊富なチームが担当する。

アメリカン・センチュリー・インベストメンツのヴァイス・プレジデント兼ポートフォリオ・マネージャーのプラバ・ラム氏は、次のように述べている。

私達の投資アプローチは、短期的な市場変動の先を見据え、長期的に魅力的なキャッシュ・フローの成長を生み出すことができると考える、永続的なフランチャイズと強固なバランスシートを持つビジネスに焦点を 当てています。組み入れ銘柄は、事業の長期的見通しや経営陣の成長機会を捉える能力を厳格に評価し て決定します。

ノムラ アセット マネジメント UKのCEO平松剛氏は、次のように述べている。

野村アセットマネジメントとアメリカン・センチュリー・インベストメンツの戦略的パート ナーシップは2021年5月に5周年を迎えました。当ファンドは、両社が協力してお客様のために革新的な商 品を開発し、お客様の資産運用に役立つ幅広いソリューションを提供している一例です。割安銘柄の少な い米国の成長企業に投資するために、長年の経験に基づいた厳格な銘柄選別のノウハウを発揮していきます。

page2image3417978400

戦略的パートナーシップについて

野村ホールディングスは2016年5月19日、米国の独立系資産運用会社であるACIの経済的株式持分約41%(議決権10.1%)を取得した。アメリカン・センチュリー・インベストメンツは、日本の約22倍の規模を有する米国のミューチュアルファンド市場において強いプレゼンスを有しており、特に米国株および世界株のアクティブ運用に強みを持つ。さらに、アメリカン・センチュリー・インベストメンツは、主要なグローバル・アドバイザー、銀行、保険会社などの主要な販売チャネルと強力なつながりを持っている。

野村とアメリカン・センチュリー・インベストメンツの運用戦略、商品、および地域的なカバレッジは非常に相互補完的で、この戦略的パートナーシップにより、両社は幅広い顧客にサービスを提供し、双方の組織に価値をもたらすことが可能となっている。野村グループの日本およびアジアにおける強みは、アメリカン・センチュリー・インベストメンツにとって非常に魅力的な戦略的ビジネス・パートナーであることを示している。野村アセットマネジメントは、ACIの専門知識を活用して、日本および世界の個人・機関投資家向けに幅広い投資運用ソリューションを提供している。