カブドットコム証券、現物株式手数料改定(少額約定金額帯の手数料引き下げ)

さん  2015/10/25

推薦理由


カブドットコム証券は2015 年11 月4 日(水)より、現物株式手数料の改定をおこなう。本改定は、約定金額50 万円以下の少額約定金額帯の手数料を最大約54%引き下げるものであり、これにより約定金額10 万円超から50万円以下の現物株式手数料は、主要ネット証券5 社(*1)で最低水準(2015 年10 月22 日現在)(*2)となる。

NISA」(少額投資非課税制度)および「ジュニアNISA」(未成年者少額投資非課税制度)(*3)の創設、さらにNISA を意識した上場企業による発行株式の最低投資金額の引き下げが進んでいることなどで、少額投資がより身近になってきている。また、2015 年11 月4 日(水)に予定されている日本郵政グループ3 社の上場は、新たな個人投資家を株式市場に呼び込む大きなきっかけとなっている。

カブドットコム証券では次のように述べている。

「貯蓄から投資へ」の流れが更に加速していく中、特に少額投資から始める資産形成はますます普及していくものと期待されます。そこで当社は、少額投資をおこなう個人投資家によりよい取引機会をご提供すべく、現物株式において約定金額50 万円以下の手数料の引き下げをおこなうことにしたものです。今後も、カブドットコム証券は「顧客投資成績重視の経営」という経営理念の下、お客さまへのサービスおよび商品の拡充を図ってまいります。

*1:主要ネット証券5 社とは、SBI 証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)を指す。
*2:現物株式手数料は2015 年10 月22 日時点での比較に基づくもの。
*3:「ジュニアNISA」は、2016 年1 月1 日から口座開設受付開始、2016 年4 月1 日から投資可能の予定。

●新現物株式手数料

改定前(2015 年11 月2 日(月)約定分まで)  

 

 

改定後手数料(新手数料)(2015 年11 月4 日(水)約定分より)
(約定金額×0.09%+90 円)×1.08(税込)
[上限:3,690 円(税込3,985 円)]
10 万円以下:90 円(税込97 円)
20万円以下:180 円(税込194 円)
50万円以下:250 円(税込270 円)
50万円超:(約定金額×0.09%+90 円)×1.08(税込)
[上限:3,690 円(税込3,985 円)]

※成行、指値、自動売買等の執行条件にかかわらず上記手数料が適用される。
※計算(手数料計算および消費税計算)により小数点未満の端数が発生する場合は切り捨てとなる。
※複数日にわたる内出来も一注文として計算される。
※電話での取引は、自動音声応答(IVR)の場合は100 円(税込108 円)、オペレーターの場合は2,000 円(税込2,160円)が別途加算される。
※自動音声応答では自動売買はできない。
※新株予約権の売買手数料は上記手数料と同じ。
※割引プランは従来どおりの適用となる。

カブドットコム証券