信託報酬とは、どのような報酬ですか?


投資信託の信託報酬とは

信託報酬は、投資家が負担する費用の一つです。投資信託の運営の中で証券会社、投資信託会社、受託銀行が果たす役割・業務の報酬として、信託財産から差し引かれ、証券会社・投資信託会社・受託銀行に支払われます。

 

信託報酬の投信会社・証券会社・受託銀行間での配分比率はファンドにより異なります。信託報酬は、純資産総額に対し一万分の○○という形で決まっており、配分比率とともに目論見書に記載されています。通常、純資産総額の1%前後ですが、ファンドにより異なります。信託報酬は、ファンドの純資産から日々差し引かれる費用ですので、ファンドの基準価額の推移に影響します。

 

信託報酬率の違いの影響

1%程度と小さなパーセントであっても、長期的には大きな差を生むことになります。例えば、仮に毎年5%のリターンを上げた異なる信託報酬のファンドに各々100万円投資したとします。20年では、次のようにリターンに大きな影響が出てきます。ファンドを購入する際には、信託報酬などの費用を十分に理解することが大切です。ここでは、単純化のために、信託報酬を年1回一括で差し引いていますが、実際には、日々、361分の1ずつ信託財産から差し引かれます。

 

Aファンド Bファンド Cファンド
リターン(年平均) 5% 5% 5%
信託報酬 0.50% 1.00% 1.50%
(単位:円) (単位:円) (単位:円)
1年 104.5 104.0 103.5
2年 109.2 108.2 107.1
3年 114.1 112.5 110.9
4年 119.3 117.0 114.8
5年 124.6 121.7 118.8
6年 130.2 126.5 122.9
7年 136.1 131.6 127.2
8年 142.2 136.9 131.7
9年 148.6 142.3 136.3
10年 155.3 148.0 141.1
11年 162.3 153.9 146.0
12年 169.6 160.1 151.1
13年 177.2 166.5 156.4
14年 185.2 173.2 161.9
15年 193.5 180.1 167.5
16年 202.2 187.3 173.4
17年 211.3 194.8 179.5
18年 220.8 202.6 185.7
19年 230.8 210.7 192.3
20年 241.2 219.1 199.0