インデックスファンドの指数への連動率が100%にならない理由は?


インデックス・ファンドや指数連動型ファンドとよばれる投資信託は、東証株価指数日経平均株価など特定の指数(インデックス)への連動を目指す投資信託で、連動率が高いほどよいインデックス・ファンドと言えます。

しかし、ファンドと指数の連動率が100%となることはありません。それは、ファンドの運用には経費がかかり、また、資金の出入りによる非効率が発生するためです。

指数には費用はかかりませんが、ファンドの運用には費用がかかります。例えば、信託報酬、株式や債券などを売買するための売買委託手数料監査費用、それらにかかる消費税などです。これらの経費はファンドの資産から差し引かれます。費用が大きいほど、ファンドの基準価額にとってはマイナスが大きいことになり、連動率を下げる要因となります。

また、ファンドには日々新たな投資家の資金が流入し、一方で解約した投資家の資金が流出します。これらに備えて、ファンドはある程度の現金を確保する必要があり、ファンドの資産全てを投資に回すことはありません。その結果、ファンドの運営にある程度の非効率が生じ、これも指数との連動が100%とはならない要因の一つとなります。