インデックスファンドのレプリケーション手法とは?


インデックスファンドのレプリケーション手法とは?

インデックスファンドは、パフォーマンスが目標とするインデックスのパフォーマンスに一致することを目指して運用が行なわれるファンドです。このパフォーマンスをインデックスに一致させる手法の一つがレプリケーション手法(replication method)です。

 

レプリケーション手法の方法

レプリケーション手法では、ファンドはインデックスを構成する銘柄全てをほぼ同じ組入比率で保有します。例えば、インデックスにおいて銘柄Aの組入比率が5%であれば、ファンドも銘柄Aを5%組入れます。日経平均株価ベンチマークとしているファンドであれば、日経平均株価を構成する225銘柄全てについて、日経平均株価とほぼ同じ構成比率で組入れることになります。このようにして出来上がったファンドは、文字通りインデックスをレプリケートした(写した・模写した)ファンドということになります。

 

レプリケーション手法のイメージ

レプリケーション手法のイメージ

この手法は主に株式ファンドにおいて利用されます。債券ファンドにおいては、インデックスを構成している公社債の中には流動性が低く、ファンドが実際に組入れることが困難な場合があるため、レプリケーション手法はあまり効率的な手法とは考えられていません。

インデックスファンドには、この他にシンセティック・レプリケーションという手法もあります。