投資スタイルとは?


投資スタイルは株式ファンドの投資方針のことで、ファンドが投資対象としている企業の時価総額で見た規模とファンドが採用している投資手法(グロース型やバリュー型)により分類されます。

例えば、AAII(米国個人投資家協会)では、投資スタイルを①Large Capitalization(大型株)、②Mid Capitalization(中型株)、③Small Capitalization(小型株)、④Growth(グロース株=成長株)、⑤Growth/Value(グロース株とバリュー株の組み合わせ)、⑥Value(バリュー株=割安株)に分類しています。

グロース型とは、投資対象の企業の成長性に重点を置いた銘柄選択を行うファンドです。期待できる成長がまだ株価に反映していない銘柄に投資します。

バリュー型とは、投株価が割安に置かれている企業の株式を投資対象とするファンドです。一般的な投資尺度であるPER(株価収益率)などの投資尺度を用いて割安株をみつけます。

1つのファンドが1つの投資スタイルだけを採用しているとは限りません。例えば、ファンドの投資対象が小型株と大型株の両者である、というような場合には、投資スタイルは①大型株と③小型株ということになります。