不動産投資信託とは、どのような投資信託ですか?


不動産投資信託とは読んで字のごとく不動産で運用する投資信託です。英語ではREIT(real estate investment trust)と呼ばれます。従来の日本の投資信託は「証券」投資信託で、主な投資対象は有価証券に限られていました。これに対して不動産投資信託はオフィスビルやマンションなどの不動産に投資し、賃貸収入や価格上昇による利益の獲得を目指します。これ以外の特徴は証券投資信託と非常に似ていて、広く多くの投資家からお金を集め、全体を一つにまとめてプロが運用する点は証券投資信託と同じです。

 

不動産投資信託の仕組み

不動産投資信託の仕組み

 

従来の不動産投資には大きな障害が3つありました。第一に、通常不動産は取引単価が非常に高く、ともすれば個人投資家は資産の非常に大きな部分を一つの不動産に投資しなければ不動産投資が行なえませんでした。第二に、不動産は流動性が低く、また価格の妥当性が分かり難い市場です。第三に、不動産投資には大きなコストがかさみます。不動産取引税や固定資産税などの税金に始まって不動産屋への手数料、さらにメインテナンスにも手間隙お金ががかかります。これらを合わせると、不動産投資は証券投資と比べて、非常に難しい投資であるといえるでしょう。

不動産投資信託は、これらの問題をある程度緩和する良い方法です。まず投資に必要な資金ですが、先に述べたように、広く投資家から資金を集めますから運用資産も大きくなり、大きな取引単位に対応できるだけでなく、投資の基本戦略の一つである分散投資によるリスク分散も可能になります。また不動産投資信託の受益証券自体を取引することで、投資信託が保有する不動産は長期間保有することが可能になりますから、流動性の低さや取引コストの高さにという問題も解決できます。