オープンエンド型ファンドとは?


オープンエンド型ファンド

オープンエンド型ファンドとは、ファンドの受益証券(もしくは、投資口)について、発行者が、投資家の要求に従って、原則として、いつでも1口あたりの純資産額で換金に応じることを保証した投資信託のことをさします。

日本で設定されている投資信託の多くは、このオープンエンド型ファンドです。したがって、必要に応じて、投資家は、販売会社を通じ、一部または全部の換金を求めることができます。

ただし、ファンドによっては、一定の間は解約ができない「クローズド期間」を定めているものもあり、この場合、その期間内は原則として換金できないことには、注意が必要です。

これに対して、発行者がファンドの解約に応じないタイプの投資信託を「クローズドエンド型ファンド」と呼びます。