みずほ投信の「コアラプラス」、みずほ銀行で販売開始


みずほ投信投資顧問の公募投資信託「みずほオセアニア債券ファンド(愛称:コアラプラス)」の販売が、3月8日(木)より、みずほ銀行で開始された。

同ファンドは、オーストラリアの公社債(豪ドル建て)およびニュージーランドの公社債(ニュージーランドドル建て)を主要投資対象とし、安定した収益の確保と信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行なう。オーストラリアおよびニュージーランドの公社債への投資にあたっては、原則としてソブリン債を中心とすることを基本としている。

みずほ投信投資顧問はオーストラリアおよびニュージーランドについて次のように述べている。

オーストラリアおよびニュージーランドは、健全性の高い財政や、資源・農産物の恩恵を背景に、経済面では高い成長力が期待される国です。高格付けの信用力と、相対的に高い水準の利回りが両国の債券への投資の魅力です。欧州債務問題への懸念などから、リスク回避姿勢が強まる局面もありましたが、設定来の基準価額はおおむね堅調に推移しています。

【関連リンク】