みずほ投信投資顧問、繰上償還条項付日本株ファンド「日本株ダブルフォーカス・ファンド(繰上償還条項付)」を設定


みずほ投信投資顧問は、「日本株ダブルフォーカス・ファンド(繰上償還条項付)」を5月10日(木)に新規設定し、運用を開始する。

2011年11月に募集を開始した同社ファンド「みずほ日本割安株ファンド(繰上償還条項付)」(販売会社みずほ証券)は、335 億円超の設定額を集め、販売好調のうちに基準価額が購入申込中止水準以上に上昇したため、購入申込みの受付けを終了した。投資家のニーズに応え、今回商品性を新たに、再び、みずほ投信から日本株ファンドが登場する。

日本株ダブルフォーカス・ファンド(繰上償還条項付)は、わが国の株式を主要投資対象とする。銘柄選定にあたっては、各種株価指標(PBR等)に基づく株価バリュエーションが割安と判断される銘柄の中から、企業調査等に基づく個別企業の投資価値分析を行ない、高水準の自己資本利益率(ROE)を安定的に確保することが期待できる銘柄、および今後自己資本利益率(ROE)が高まることが期待できる銘柄を厳選し投資することを基本とする。なお、2016年9月9日以前に基準価額が12,000 円以上となった場合、繰上償還を行なう。

日本株ダブルフォーカス・ファンド(繰上償還条項付)の当初申込期間は2012年4月23日から2012年5月9日まで、継続申込期間は2012年5月10日から2013年6月7日まで。販売会社はみずほ証券

【関連リンク】