ESG指数とは


ESGとは

ESGは、環境(Environment)、社会(Society)、企業統治(Governance)の頭文字をとった略称で、環境、社会、ガバナンスの3つの観点から、社会を、そして世界をいかにして持続可能にしていくかを考え、そして行動しようという世界的な取組みですが、これを投資に応用するのがESG投資です。

 

ESG指数とは

ESG指数は、企業をこのESGの観点から評価し、その評価において優れた企業で構成される株価指数のことです。評価のポイントは指数により異なります。また、これらの指数への連動を目指す投資信託も運用されています。多くの上場企業が、ESG指数の構成銘柄に選定されると、プレスリリースを発表して投資家等にアピールしています。

 

ESG指数の例

ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World)

世界的に有名なESG指数です。S&PグローバルBMIを構成する2,500銘柄の中から、経済、環境、社会的観点での評価の高い企業を選別して構成される株価指数です。2017年6月末現在で316銘柄で構成されています。構成銘柄の評価は世界的な評価機関RobecoSAMが行なっています。構成銘柄の見直しは毎年実施されます。

 

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

MSCIジャパンIMIトップ500指数(時価総額上位 500 銘柄)構成銘柄の中から、ESG評価に優れた企業を選別して構築される株価指数です。2017年6月末時点で251社が構成銘柄に選定されています。

 

モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)

モーニングスター株式会社と特定非営利活動法人パブリックリソースセンターが共同で開発した日本企業を対象とした社会的責任投資(SRI)株価指数。現在は、モーニングスターと東洋経済新報社が共同で算出・公表しています。上場企業4,000社を対象にアンケート調査を行い、企業統治、環境、社会性、人材活用の観点で評価・選別を行ないます。構成銘柄数は150銘柄。

 

SNAMサステナビリティ・インデックス

ESG評価と株式価値評価を組み合わせた株価指数。SNAMはSompo Japan Nipponkoa Asset Management (損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント)のことで、同社が算出・公表しています。ESG評価はSOMPOリスケアマネジメント社(環境調査)と、インテグレックス社(社会・ガバナンス調査)が共同で行っています。

 

MSCI日本株女性活躍指数

MSCIジャパンIMIトップ500指数の構成銘柄の中から、女性の活躍推進に優れた企業を選別して構築される株価指数。2017年6月末現在で212社が構成銘柄に選定されています。