バンガードETFとは?


バンガードETFとは?

バンガード ETF(Vanguard ETF)は、低コストのインデックスファンド運用会社として世界的に知られ、世界最大級の運用会社でもあるザ・バンガード・グループ・インクが運用するETFのブランド名です。

 

ザ・バンガード・グループ・インク

ザ・バンガード・グループ・インクは、インデックス運用の第一人者で、数々の賞を受賞し、フォーチュン・マガジンからは20世紀の四人の偉大な投資家(investment giants)の一人と称されるジョン・ボーグル氏が1975年に設立した運用会社です。本拠地を米国ペンシルバニア州に置いています。低コストのインデックス運用といえばバンガードと言われるほどインデックス運用で世界的に有名な会社です。

ザ・バンガード・グループ・インクは、1976年に米国初の個人投資家向けインデックスファンドとなるFirst Index Investment Trustを設定しました。First Index Investment Trustは、1980年にVanguard 500 Index Fund (バンガード500インデックス・ファンド) にファンド名を変更し、2014年9月末現在、運用残高$1,827億ドル(約20兆円)を誇っています。また、2014年10月15日現在、米国で最大の投資信託は、バンガードの運用するVanguard Total Stock Market Index Fundで、その純資産総額は 3,555億ドル(約37.5兆円)に達しています。

 

バンガード初のETF

バンガード社は、2001年に、同社初のETFとなるVanguard Total Stock Market ETF(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)(ティッカーコード:VTI)をニューヨーク証券取引所ARCAに上場させました。同ETFは、前述のVanguard Total Stock Market Index FundのETFバージョンです。

ETF Database社によると、2017年10月末日現在、米国では71本のVanguard ETFが上場しており、平均経費率は年間0.11%となっています。

また、日本からは、米国および香港市場に上場している72本のETF(2017年9月末日現在)が金融庁に届け出されており、楽天証券、マネックス証券などの証券会社を通じて購入することが可能です。バンガード社が運用するこれらのETFのブランド名がVanguard ETFです。

日本で届出されているバンガードETF