不動産投資信託の運営管理会社とは?


運営管理会社とは

不動産運営管理会社とは、不動産投資信託運用会社(投資信託委託業者)から業務委託を受けて、不動産投資信託が保有するビルやホテルなどの建物の管理や賃貸管理を行う会社のことです。

 

建物の管理業務

建物の管理には、空調、エレベーター、防災、非常口、セキュリティーどの各種設備の運転・監視・点検をはじめ、各種設備の管理計画の策定や実行、水道や電気などの光熱費の管理や効率化、運転コストの低減化なども、管理業務に含まれます。

また、貯水槽の清掃、水道の水質検査、汚水や排水の管理、騒音測定といったビルの環境衛生面の管理も不動産運営管理会社の重要な仕事です。賃貸の管理については、月々の賃貸料の請求、テナントの募集、賃貸契約の更改交渉などが含まれます。

これら管理業務については、運用会社のグループ会社が受託するケースが多く見られますが、第三者企業が受託するケースもあります。また、外部委託する業務の範囲は物件により異なります。

管理業務の費用は、不動産投資信託の決算書などにおいては、賃貸事業費用の中の管理業務費として計上されていますが、不動産投資信託にとっては、大きなコストのひとつです。