不動産投資信託のポートフォリオとは?


ポートフォリオとは

投資の世界でポートフォリオというと、個人、企業、年金、投資信託など、各投資家が保有している資産の集合体のことを指します。

例えば、年金基金が株式40億円、債券50億円、現金を10億円保有していれば、これらを合わせたものが年金基金のポートフォリオ全体であり、ポートフォリオの構成比率は株式40%、債券50%、現金10%ということになります。

 

不動産投資信託のポートフォリオ

したがって、不動産投資信託の場合は、各不動産投資信託が保有している賃貸用不動産と流動性を確保するため、あるいは将来不動産を購入するために保有している現金を合わせたものとなります。

不動産投資信託の各サイトを見ると、ポートフォリオというセクションが設けられており、ここで、各ファンドが保有する全ての賃貸用不動産の具体的な物件名や賃貸面積を含む詳細をみることができます。更に、保有不動産の地域別、賃貸面積別、賃貸期間別などのポートフォリオの構成比率が掲載されており、これらは不動産投資信託の地域別ポートフォリオ、面積別ポートフォリオ、賃貸期間別ポートフォリオと呼ぶことができます。