がんとたたかう投信


がんとたたかう投信とは

2019年7月に「がんとたたかう投信」という非常に目を引く名前の投資信託が設定されました。正式名称は「東京海上・がんとたたかう投信(為替ヘッジなし)(年1回決算型)」と「東京海上・がんとたたかう投信(為替ヘッジあり)(年1回決算型)」です。運用会社東京海上アセットマネジメント株式会社です。

「がんとたたかう投信」は、ファンド・オブ・ファンズ形式で運用されます。投資対象となるファンドはベルギーに本拠地を置くカンドリアム・ベルギー・エス・エー社が運用する「カンドリアム・エクイティーズ・L・オンコロジー・インパクト(Candriam Equities L Oncology Impact)<ルクセンブルグ籍・円建て>」です。エクイティーズは株式、オンコロジーは癌などの腫瘍の原因や治療について研究する学問を意味しています。

「東京海上・がんとたたかう投信」は、「がんとたたかう企業(がん関連企業)」に的を絞って投資するテーマ型の投資信託です。世界中の企業を対象としたグローバル株式ファンドです。

医療に関連する事業を行なっている企業の株式に的を絞って投資する医療関連株式ファンドはこれまでも複数運用されてきましたし、現在でも運用されています。また、「野村ACI先進医療インパクト投資」のように先進医療の研究開発等を行なっている企業に投資する投資信託もあります。しかし、「がん」という特定の疾病に的を絞った投資信託は、日本では初めての設定となります。

なお、海外では、「東京海上・がんとたたかう投信」の投資対象となっているファンドを運用するカンドリアム社が同じ運用方針で「Candriam Equities L Oncology Impact」(ルクセンブルグ籍、SICAV、ドル建て)を2018年から運用しています。また、癌の免疫療法に関連する企業に的を絞って投資するETFLoncar Cancer Immunotherapy ETF (CNCR)」が米国のナスダック市場に上場しています。

 

がんとたたかう企業とは

東京海上アセットマネジメントでは、「がんとたたかう企業」を次のように説明しています。

がんの治療・診断・研究等に関連する事業を行う企業。革新的な技術やアイデアを持ち、「がん治療」の進歩に多大な貢献(インパクト)を及ぼす可能性の高い企業。

 

社会的課題の解決に貢献

「がんとたたかう投信」では、がん関連企業への投資を通じ、投資収益の獲得を目指すとともに、社会的課題であるがんの解決に貢献することを目指しています。このような投資を一般にインパクト投資と呼びます。このため、同投資信託では、寄付という形でもがん研究の支援を行うことで、社会的課題であるがんの解決に貢献しようとしています。具体的には、ファンドは、運用報酬の一部を日本のがん研究団体に寄付します。したがって、このファンドに投資することが、がん研究の支援を行うことにもなり、結果としてがん治療の進歩にも貢献するという仕組みです。

運用報酬のどの程度を寄付するかは目論見書では公開されていませんが、欧州の投資家向けにカンドリアム社が運用する同じ投資方針のファンド「Candriam Equities L Oncology Impact」では、運用報酬の10%を欧州のがん研究機関に投資しています。(http://www.funds-europe.com/news/equity-fund-fights-cancer-with-investments-and-donation