インターネット証券4社専用投資信託 第2号ファンド「新興国中小型株ファンド」新規設定


SBI 証券、カブドットコム証券、マネックス証券および楽天証券の4社による投資信託の販売協力プロジェクト「資産倍増プロジェクト」が2011年5月に発表した4社専用投資信託について、ネット証券専用ファンドシリーズ第2号ファンドとなる「新興国中小型株ファンド」の募集が2011年6月27日(月)から開始される。

資産倍増プロジェクトとは、投資信託を取扱うインターネット証券大手4 社が、投資信託の販売ならびに投資信託による資産運用の普及啓蒙活動など、様々な活動を共同で行うプロジェクト。顧客の資産形成を全力で支援していくことが証券会社の果たすべき役割だとの考えから、2011年3月に始動された。

取扱銘柄の概要

「新興国中小型株ファンド」は、今後の成長が期待できる新興国の中でも内需関連のセクター割合の高い中小型株式等に投資する投資信託。同ファンドでは、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社の投資助言を活用した「低ボラティリティ運用戦略」を業界で初めて採用する。

「低ボラティリティ運用戦略」は、従来、伝統的な資産運用ではリスクの高いポートフォリオほどリターンも高まるとの考え方が一般的だったが、ボラティリティの小さい銘柄を中心にポートフォリオ(最小分散ポートフォリオ)を構築することで、高い投資効率を追求する手法。また、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社と委託会社のDIAMアセットマネジメント株式会社が共同開発し、年金運用で実績のある「マルチファクターモデル」を活用し、投資魅力度に応じた投資比率とすることで、超過収益の獲得を目指す。

銘柄詳細

ファンド名 ネット証券専用ファンドシリーズ「新興国中小型株ファンド」
委託会社 DIAM アセットマネジメント
受託会社 りそな銀行
投資顧問会社 みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社
ファンド設定日 2011年7月22日(金)
申込期間 2011年6月27日(月)から
信託期間 2021年4月13日まで
購入金額 当初申込期間:1口当たり1 円、続申込期間:お申込日の翌営業日の基準価額(表示は1 万口当たり)
購入単位 最低 1,000 円からご購入可能
決算日 毎年4月13日
販売手数料 無料(ノーロード)
信託報酬 信託財産純資産総額に対し年率1.995%(税抜 年率1.90%)

 

【関連リンク】