レオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス(つみたてNISA専用)」、販売会社を追加


レオス・キャピタルワークスが運用する投資信託「ひふみプラス」の販売会社に野村證券、三菱UFJ信託銀行、広島信用金庫が加わる。つみたてNISA専用商品としての取り扱い開始となるため、2018年1月以降の販売開始となる。

「ひふみプラス」はレオス・キャピタルワークスが直接販売のみで提供する『ひふみ投信』と同じ『ひふみ投信マザーファンド』に投資を行ない運用している。

「ひふみプラス」は2012年5月28日に設定され、現在はSBI証券をはじめとしたネット証券などの証券会社23社、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行、熊本銀行、親和銀行)など銀行29行※、おかやま信用金庫(つみたてNISA専用)※にて販売されており、今回の追加で56社目の取扱いとなる。

※つみたてNISA専用の販売会社については2018年1月より取扱い開始

レオス・キャピタルワークスでは次のようにコメントしている。

「ひふみ投信」同様ローコストかつ安定した運用で、多くのお客様にご支持をいただいております。当社では、引き続き運用成績の向上と質の高いサービスでお客様の資産形成を長期にわたって応援できるよう、取引機会の拡大に努めてまいります。変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします。