国内最大ファンド・ランキング(2017年11月)


投資信託の純資産総額ランキング

投資信託純資産総額ランキング

純資産額第1位はフィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無)

投資信託事情・投信まとなびによると、2017年11月の国内最大ファンド上位50位(追加型株式投資信託ETFは除く)は除く)は下表の通りでした。

フィデリティ投信の運用する「フィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無)」が13カ月連続で純資産額第1位をキープしました。しかし、同ファンドの11月末の純資産額は前月末から約1,045億円減少しました。「フィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無)」は、米国の取引所に上場している不動産投資信託(リート)に分散投資を行うアクティブ運用型のファンドです。為替ヘッジは行いません。

 

分配頻度と投資対象

純資産額上位50位までのファンドの分配頻度を見ると、毎月分配型のファンドが34本と引き続き過半数を占め、次いで年1回分配ファンドが11本、年2回分配ファンドが5本でした。

分配頻度

投資対象資産別の分布を見ると、外国の株式に投資するファンドと外国の債券に投資するファンドが各13本で最も多く、次いで外国のREIT(不動産投資信託)に投資するファンドが9本と、外国の資産に投資するファンドが7割を占めました。次いで、日本の株式に投資するファンドが6本、アロケーション型が4本、国内の債券に投資するファンドが3本、国内のREITに投資するファンドが2本でした。

投資対象別内訳

 

資金増減

投資信託の人気のバロメーターでもある月中の資金増減(月中の設定額から解約額を差引いた額)を見ると、純資産額上位50位までのファンドの中で資金増加額が最も大きかったのは、レオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」で、増価額は379億円でした。月間資金増加額上位5位ファンドは次の通りです。

月間資金増加額上位5位ファンド
運用会社 ファンド名 月末純資産額(億円) 月間資金増加額(億円)
レオス ひふみプラス 3,827 379
野村AM 野村PIMCO・世界インカム戦略F A(ヘッジ有 年2) 2,946 364
大和投信 ロボット・テクノロジー関連株F -ロボテック- 3,082 278
日興AM グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年) 4,606 259
日興AM グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2) 3,373 258

 

一方、純資産総額上位50位ファンドの中で、月中の資金減少額が最も大きかったのは、純資産額では第1位の「フィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無)」で、減少額は1,045億円でした。純資産額上位50位ファンドの中で月間の資金減少額が最も大きかったファンド5本は次の通りです。

運用会社 ファンド名 月末純資産額(億円) 月間資金減少額(億円)
フィデリティ投信 フィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無) 10,770 -1,045
AM-One 新光 US-REITオープン《ゼウス》 10,393 -258
日興AM ラサール・グローバルREITファンド(毎月) 8,098 -204
野村AM 野村外国債券インデックス(野村一任口座) 3,789 -195
レッグ・メイソン LM・オーストラリア高配当株F(毎月) 5,226 -162

 

騰落率

次に、純資産総額50位までのファンドの騰落率を見ると、過去1カ月の騰落率がプラス、または前月比変わらずとなったのは50本中35本でした。過去1カ月の騰落率が最も高かったのはレオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」で、騰落率は+3.9%でした。「ひふみプラス」は、36カ月以上資金増加が継続しており、パフォーマンスの好調が継続的な資金増加に繋がっていることが推測されます。

また、過去3カ月の騰落率を見ると、騰落率がプラスとなったのは、50本中40本でした。過去3カ月の騰落率が最も高かったのは日興アセットマネジメントの「インデックスファンド225」で、騰落率は+16.3%でした。

騰落率データの詳細については、投信まとなびの投信検索等http://www.matonavi.jp/retrieval/で詳細をご確認下さい。

【国内最大ファンド・ランキング(2017年11月)】
順位 運用会社 ファンド名 純資産(億円) 資金増減(億円) 1カ月騰落率 3カ月騰落率
1 フィデリティ フィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無) 10,770 -1,045 0.9 2.4
2 AM-One 新光 US-REITオープン《ゼウス》 10,393 -258 1.5 3.7
3 フィデリティ フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド 9,645 -73 -1.0 2.9
4 日興AM ラサール・グローバルREITファンド(毎月) 8,098 -204 2.3 3.5
5 大和投信 ダイワ・US-REIT・オープン(毎月)B(ヘッジ無) 7,014 -76 1.5 2.7
6 ピクテ投信 ピクテ・グローバル・インカム株式F(毎月) 6,414 87 -0.3 2.6
7 三菱UFJ国際 グローバル・ソブリン・オープン (毎月) 5,520 -75 -0.1 0.5
8 野村AM 野村インド株投資 5,440 175 0.6 4.3
9 レッグ・メイソン LM・オーストラリア高配当株F(毎月) 5,226 -162 0.0 1.9
10 大和投信 ダイワ米国リート・ファンド(毎月)ヘッジ無 4,945 -100 1.5 2.7
11 日興AM グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年) 4,606 259 1.7 14.7
12 大和投信 ダイワファンドラップ 日本債券セレクト 4,553 84 0.3 -0.1
13 三菱UFJ国際 ワールド・リート・オープン(毎月) 4,440 -97 1.5 3.0
14 岡三AM アジア・オセアニア好配当成長株Op(毎月) 4,289 -43 -0.3 3.5
15 フィデリティ フィデリティ・日本成長株・ファンド 3,992 17 3.0 13.5
16 レオス ひふみプラス 3,827 379 3.9 12.8
17 野村AM 野村外国債券インデックス(野村一任口座) 3,789 -195 0.1 1.2
18 東京海上AM 東京海上・円資産バランスF(毎月)《円奏会》 3,670 -23 0.9 0.8
19 野村AM 野村日本債券インデックス(野村一任口座) 3,563 81 0.2 -0.2
20 日興AM 財産3分法F(不動産・債券・株式)毎月 3,553 -7 1.6 4.5
21 日興AM グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2) 3,373 258 1.7 14.7
22 大和投信 ハイグレード・オセアニア・ボンド・Op(毎月)《杏の実》 3,347 -38 -1.5 -1.9
23 さわかみ投信 さわかみファンド 3,286 -26 1.4 12.9
24 野村AM 野村 ファンドラップ外国債券B(ヘッジ無) 3,189 -112 -0.5 1.5
25 大和投信 ダイワファンドラップ 日本株式セレクト 3,180 -13 1.2 12.1
26 大和投信 ロボット・テクノロジー関連株F -ロボテック- 3,082 278 1.4 12.5
27 大和投信 ダイワ日本国債ファンド(毎月) 3,079 -54 0.1 -0.2
28 三井住友AM グローバルAIファンド 3,022 36 -1.9 8.2
29 ピクテ投信 ピクテ新興国インカム株式F(毎月) 3,014 15 -1.0 3.3
30 三井住友トラスト J-REIT・リサーチ・オープン(毎月) 2,956 -28 3.6 0.7
31 野村AM 野村PIMCO・世界インカム戦略F A(ヘッジ有 年2) 2,946 364 -0.0 0.1
32 大和住銀 短期豪ドル債オープン (毎月) 2,643 -33 -2.2 -2.4
33 UBS AM UBS世界公共インフラ債券投信 (通貨選択)円 (毎月) 2,498 -70 0.2 -0.1
34 大和投信 ダイワ高格付カナダドル債Op(毎月) 2,332 -10 -0.9 -0.3
35 しんきん しんきんJリートオープン(毎月) 2,329 -0 2.9 -0.1
36 ゴールドマン GS 米国REIT ファンド B(毎月、ヘッジ無)《コロンブスの卵》 2,304 -65 1.3 2.3
37 野村AM 野村テンプルトン・トータル・リターン D(ヘッジ無) 2,266 -68 -2.1 3.1
38 大和住銀 日本株アルファ・カルテット(毎月) 2,254 65 1.3 8.7
39 AM-One グローバル・ハイクオリティ成長株式F(ヘッジ無)《未来の世界》 2,244 67 0.1 7.6
40 野村AM 野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信(米ドル)毎月 2,193 -132 -3.0 -2.0
41 三菱UFJ国際 グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド《健次》 2,192 -50 0.4 1.6
42 日興AM 高金利先進国債券オープン(毎月)《月桂樹》 2,146 -42 -0.8 -0.6
43 野村AM 野村 ファンドラップ日本株 2,119 -49 1.6 12.6
44 野村AM 野村インド債券ファンド(毎月) 2,096 135 -0.3 1.6
45 AM-One DIAM世界リートインデックスファンド(毎月) 2,074 -1 1.9 3.3
46 三井住友AM アジア好利回りリートF 2,057 88 2.2 6.1
47 ゴールドマン GSグローバル・ビッグデータ投資戦略 B(ヘッジ無)《AIブレイン》 2,032 16 0.8 9.1
48 JPモルガン JPMベスト・インカム(毎月) 1,993 104 0.0 2.2
49 野村AM 野村 ファンドラップ外国債券A(ヘッジ有) 1,944 41 0.5 0.0
50 日興AM インデックスファンド225 1,939 -42 3.2 16.3

(データ出所:投信まとなび・投資信託事情)