投資信託の純資産総額ランキング(2019年4月)


ピクテ・グローバル・インカム株式F(毎月)が1位

投資信託事情・投信まとなびによると、2019年4月現在の国内最大ファンド上30位ランキング(追加型株式投資信託ETFは除く)は除く)は下表の通りでした。

ピクテ投信投資顧問が運用する「ピクテ・グローバル・インカム株式F(毎月)」が1位になりました。同ファンドの4月末の純資産額は約6,592.57億円でした。同ファンドは、主に世界の高配当利回りの公益株(電力、ガス、通信関連企業)に投資に投資するファンドで、2005年2月28日に運用が開始されました。信託期間は無期限です。

また、注目されているレオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」は順位を一つ上げ第4位になりました。「ひふみプラス」の4月末の純資産額は6,095.2億円でした。なお、資産形成型ファンドと呼ばれる決算回数が年1回および2回のファンドの中では、「ひふみプラス」が最大の投資信託です。

 

分配頻度

純資産額上位30位までの投資信託分配頻度を見ると、毎月分配型(年12回)のファンドが17本と過半数を占め、次いで年1回分配ファンドが9本、年2回分配ファンドが4本でした。

 

投資対象

純資産額上位30位までの投資信託の投資対象資産別の分布を見ると、外国の株式に投資するファンドが11本と最も多く、次いで外国のREIT不動産投資信託)と外国の債券に投資するファンドが各々5本、日本の株式に投資するファンドが4本、アロケーション型が3本、国内のREITに投資するファンドと国内の債券に投資するファンドが各々1本でした。

上位30位までのファンドの投資対象の内訳では、引き続き海外の資産に投資するファンドが過半数を占めています。

 

資金増減

投資信託の人気を測るバロメーターでもある月中の資金増減(月中の設定額(販売額)から解約額を差引いた額)を見ると、純資産額上位30位までのファンドの中で資金増加額が最も大きかったのは、3月に続きピクテ投信投資顧問の運用する「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」で、資金増加額は316.2億円でした。

なお、2019年4月に資金増加となったのは上位30位ファンドのうち7ファンドだけでした。月間資金増加額上位5位ファンドは次の通りです。

<月間資金増加額上位5位ファンド(2019年4月)>

運用会社 ファンド名 月末純資産額(億円) 月間資金増加額(億円)
ピクテ投信 ピクテ・グローバル・インカム株式F(毎月) 6,592.6 316.2
東京海上AM 東京海上・円資産バランスF(毎月)《円奏会》 5,550.0 198.5
三井住友トラスト J-REIT・リサーチ・オープン(毎月) 3,216.8 94.5
日興AM スマート・ファイブ(毎月) 3,076.8 52.2
日興AM 財産3分法F(不動産・債券・株式)毎月 3,763.7 43.5

一方、純資産総額上位30位ファンドの中で、月中の資金減少額が最も大きかったのは、の大和投信委託の「ロボット・テクノロジー関連株F -ロボテック-」で、減少額は約385.7億円でした。純資産額上位30位ファンドの中で月間の資金減少額が最も大きかったファンド5本は次の通りでした。

 

運用会社 ファンド名 月末純資産額(億円) 月間資金減少額(億円)
大和投信 ロボット・テクノロジー関連株F -ロボテック- 3,325.50 -385.7
日興AM グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年) 4,137.70 -311.2
日興AM グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2) 4,503.30 -201.2
レオス ひふみプラス 6,095.20 -118.6
AM-One 新光 US-REITオープン《ゼウス》 5,889.8 -103.0

 

騰落率(過去1年)− 騰落率トップは「netWIN GS・インターネット戦略F B(ヘッジ無)」

次に、純資産総額30位までの投資信託の騰落率を見ると、過去1年の騰落率がプラスだったのは30本中24本でした。

過去1年の騰落率が最も高かったのは「netWIN GS・インターネット戦略F B(ヘッジ無)」で、騰落率は20.4%でした。過去1年の騰落率上位5ファンドは次の通りです。

運用会社 ファンド名 純資産額(億円) 騰落率(1年)
ゴールドマン・S netWIN GS・インターネット戦略F B(ヘッジ無) 3,063.10 20.4
大和投信 ダイワ・US-REIT・オープン(毎月)B(ヘッジ無) 5,388.9 20.1
大和投信 ダイワ米国リート・ファンド(毎月)ヘッジ無 3,226.7 20.1
フィデリティ投信 フィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無) 6,406.1 19.3
アライアンス・B AB米国成長株投信D毎月(ヘッジ無)予想分配金提示 2,874.1 17.6

 

騰落率(過去5年)− 騰落率トップは「netWIN GS・インターネット戦略F B(ヘッジ無)」

また、過去5年の騰落率を見ると、純資産額上位30位までの投資信託で5年以上の運用期間があった23本については、全てのファンドの騰落率がプラスでした。

過去5年の騰落率が最も高かったのは、ゴールドマン・サックスの「netWIN GS・インターネット戦略F B(ヘッジ無)」で、騰落率は118%でした。なお、レオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」の騰落率は109.6%でした。純資産上位30位の投資信託の中で、過去5年の騰落率が最も高かったファンド5本は次の通りです。

運用会社 ファンド名 純資産額(億円) 騰落率(5年)
ゴールドマン・S netWIN GS・インターネット戦略F B(ヘッジ無) 3,063.10 118
レオス ひふみプラス 6,095.20 109.6
野村AM 野村インド株投資 4,455.30 75.9
フィデリティ投信 フィデリティ・日本成長株・ファンド 3,685.00 54.5
さわかみ投信 さわかみファンド 3,045.90 50.2

騰落率データの詳細については、投信まとなびの投信検索等http://www.matonavi.jp/retrieval/で詳細をご確認下さい。

 

【投資信託の純資産総額ランキング(2019年4月)】

順位 運用会社 ファンド名 純資産(億円) 資金増減(億円) 騰落率(1年)% 騰落率(5年)%
1 ピクテ投信 ピクテ・グローバル・インカム株式F(毎月) 6,592.6 316.2 11.0 13.2
2 フィデリティ投信 フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド 6,477.2 -71.4 7.4 23.6
3 フィデリティ投信 フィデリティ・USリート・ファンドB(ヘッジ無) 6,406.1 -74.9 19.3 41.9
4 レオス ひふみプラス 6,095.20 -118.6 -8.5 109.6
5 AM-One 新光 US-REITオープン《ゼウス》 5,889.8 -103.0 17.4 34.6
6 東京海上AM 東京海上・円資産バランスF(毎月)《円奏会》 5,550.0 198.5 0.6 16.1
7 大和投信 ダイワ・US-REIT・オープン(毎月)B(ヘッジ無) 5,388.9 -7.1 20.1 39.4
8 大和投信 ダイワファンドラップ 日本債券セレクト 5,058.20 -21.9 1.4 7.7
9 日興AM ラサール・グローバルREITファンド(毎月) 5,020.7 -48.7 16.2 28.0
10 日興AM グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2) 4,503.30 -201.2 5
11 野村AM 野村インド株投資 4,455.30 -56.8 -3.5 75.9
12 三菱UFJ国際投信 グローバル・ソブリン・オープン (毎月) 4,352.0 -45.4 1.3 7.2
13 日興AM グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年) 4,137.70 -311.2 5.1
14 AM-One グローバル・ハイクオリティ成長株式F(ヘッジ無)《未来の世界》 4,085.30 -57.1 10.7
15 日興AM 財産3分法F(不動産・債券・株式)毎月 3,763.7 43.5 3.5 22.5
16 フィデリティ投信 フィデリティ・日本成長株・ファンド 3,685.00 -59.9 -9.8 54.5
17 大和投信 ダイワファンドラップ 日本株式セレクト 3,333.80 4.3 -8.3 50.1
18 大和投信 ロボット・テクノロジー関連株F -ロボテック- 3,325.50 -385.7 9.6
19 大和投信 ダイワ米国リート・ファンド(毎月)ヘッジ無 3,226.7 -10.6 20.1 38.7
20 三井住友トラスト J-REIT・リサーチ・オープン(毎月) 3,216.8 94.5 13.6 44.3
21 野村AM 野村外国債券インデックス(野村一任口座) 3,176.4 -37.0 1.1 8.2
22 日興AM スマート・ファイブ(毎月) 3,076.8 52.2 2.9 16.1
23 ゴールドマン・S netWIN GS・インターネット戦略F B(ヘッジ無) 3,063.10 -86.4 20.4 118
24 さわかみ投信 さわかみファンド 3,045.90 -14.1 -6.4 50.2
25 野村AM 野村PIMCO・世界インカム戦略F A(ヘッジ有 年2) 2,993.40 -14.2 1.2
26 アライアンス・B AB米国成長株投信D毎月(ヘッジ無)予想分配金提示 2,874.1 39.0 17.6
27 野村AM 野村 ファンドラップ外国債券B(ヘッジ無) 2,873.2 -39.0 2.5 11.3
28 岡三AM アジア・オセアニア好配当成長株Op(毎月) 2,835.9 -65.7 -1.0 12.5
29 レッグ・メイソン LM・オーストラリア高配当株F(毎月) 2,800.9 -33.2 2.6 10.0
30 三井住友トラスト 次世代通信関連 世界株式戦略ファンド《THE 5G》 2,800.30 -3.5 14.4

(データ出所:投信まとなび・投資信託事情)