ETF値上り率ランキング(2017年9月)


東京証券取引所が公表した「月刊ETFレポート (2017年9月版)」によると、2017年9月のETFの月間値上り率ランキング上位5位銘柄は下の表の通りでした。

9月の値上り率が最も大きかったのは、野村アセットマネジメントが管理・運用する「NEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信」(1699)で、値上がり率は13.3%でした。同ETFはNOMURA原油ロングインデックスをベンチマークとして、同指数に連動した投資成果を目指すETFです。9月は原油価格の上昇を反映して、上位5位銘柄中3本は原油価格関連の動きに連動するタイプのETF、1本は東京証券取引所市場第一部に上場する全銘柄のうち、鉱業と石油・石炭製品に分類される銘柄で構成される株価指数への連動を目指すETFでした。

 

最近の原油先物価格の動向(データ:CME GROUP

最近の原油先物価格の動向

 

【2017年9月 ETF月間値上り率ランキング上位10位銘柄】

順位 銘柄コード ファンド名 対象指数 売買代金(千円)(順位) 月間値上り率 運用会社
1 1699 NEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信 NOMURA原油ロングインデックス 7,524,378 (21) +13.3% 野村
2 1671 WTI原油価格連動型上場投信 WTI原油先物 8,692,089 (20) +12.8% シンプレクス
3 1618 NEXT FUNDS エネルギー資源(TOPIX-17)上場投信 TOPIX-17 エネルギー資源 75,535 (88) +11.3% 野村
4 1690 ETFS WTI 原油上場投資信託 Bloomberg Crude Oil Subindex 45,173 (100) +11.2% ETFS
5 1622 NEXT FUNDS 自動車・輸送機(TOPIX-17)上場投信 TOPIX-17 自動車・輸送機 90,610 (82) +9.6% 野村

(データ出所:東京証券取引所、東証ETF市場において、当月の値上り率の前月比上位5銘柄。ランキングにあたり、一日平均売買代金が100万円以下の銘柄は控除。)