拠出限度額の引き上げ、しかし


確定拠出年金の拠出限度額が2014年10月1日から引き上げられるということです。これは、「確定拠出年金法施行令及び公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う経過措置に関する政令の一部を改正する政令」の施行を受けてのこと。しかし、対象は企業型確定拠出年金のみです。私が加入しているのは個人型ですから、変更は行なわれません。残念です。

【変更概要】
 変更前  変更後
 企業型確定拠出年金  確定拠出年金以外の企業年金がある人の場合  25,500円 27,500円
 確定拠出年金以外の企業年金がない人の場合  51,000円 55,000円
 個人型確定拠出年金  企業に勤めている人の場合(厚生年金の被保険者) 23,000円 変更なし
 自営業者等の場合(国民年金の第1号被保険者)  68,000円 変更なし

ところで、自分の確定拠出年金の運用状況を1年ぶりにオンラインで確認してみました。

2014年8月末の状況:

掛け金額累計:2,817,000円
資産評価額: 4,098,084円
———————————–—–
評価損益:  1,281,084円

日米の株式市場の上昇と、円安を反映して、資産評価額は前回確認した時(2013年6月現在)に比べ80万円程度も増えています。このうち30万円程度は過去14カ月の掛金の積み増し分ですから、残りの約50万円分が、株高と円安の恩恵ということになります。連日報道されるシリア、イラク、イエメン、トルコなどにおけるテロや紛争悪化が今後の世界経済にどのような影響をもたらすことになるのか不安ですが、今の配分と金額を継続します。