確定拠出年金制度は、スタートから5年が経過しました


確定拠出年金制度がスタートしたのが2001年10月。あっという間に5年が経過しました。その間に加入者数は200万人を突破し、残高は推計で2.5兆円とも3兆円とも言われています。私が個人型確定拠出年金に加入したのは2002年4月23日。それから4年半が過ぎました。

この間、これまでこのコーナーで紹介してきたように、多少の不満を感じることはあったものの、銀行引き落としという手間知らずなこともあり、問題なく年金を掛け続けることができました。ということで、久しぶりに私の確定拠出年金の残高を報告しましょう。

資産評価額(2006年9月末現在)

掛金額累計 837,000円
評価損益 315,861円
———————————
資産評価額 1,152,861円

毎月こつこつ掛けてきた掛金の合計が837,000円。それを運用して得た利益が315,861円。それで、私の年金資産の評価額は152,861円ということです。まずまずの結果です。この5年といえば、日本の株式市場が回復に転じた時期ですから、その幸運が結果に現れたということだと思います。