iDeCoの年金の受給年齢について


個人型確定拠出年金(iDeCo)では、年金(老齢給付金)は60歳から受給することができます。ただし、60歳時点で拠出を開始してから10年が経過している必要があります。

60歳時点で拠出を開始してから10年が経過していない場合は、以下の年齢から年金を受給することができます。

  • 8年以上経過している場合⇒61歳から受給可能
  • 6年以上経過している場合⇒62歳から受給可能
  • 4年以上経過している場合⇒63歳から受給可能
  • 2年以上経過している場合⇒64歳から受給可能
  • 1月以上経過している場合⇒65歳から受給可能

 

なお、法改正により、2022年4月からは確定拠出年金における老齢給付金の受給開始時期の上限年齢が70歳から75歳に延長されます。これにより、確定拠出年金の老齢給付金の受給開始時期を60歳(加入資格喪失後)から75歳までの間で選択することができるようになります。

 

確定拠出年金の基本の目次