投資信託の最大のコスト「信託報酬」の影響


初めての投資信託~インデックスファンドから始めてみよう

初めての投資信託インデックスファンドから始めてみよう

信託報酬は、ファンドの運用等の手数料として投資家が負担する費用です。投資信託信託財産から間接的に支払われます。ファンドを保有している間はずっと負担し続けることになります。信託報酬は、投資家が保有するファンド資産額に対して何パーセンテージという形で決まっていて、ファンドの説明資料に明記されています。投資信託によってこの信託報酬の率は異なります。

このコーナーでは、信託報酬率の違いが、ファンドの資産額にどのような影響を与えるかを見てみましょう。

仮に、組み入れている資産(株式や債券など)の価格に変化がなかった場合(元本が変わらなかった場合)、つまり運用益も運用損も発生していない状況で、信託報酬の違いが、どのような影響をファンドの資産額に与えるのでしょうか。

次の表は、異なる信託報酬(1.8%、1.5%、1.0%、0.5%、0.2%)のファンドに、各々100万円を投資した場合に、投資額が20年間でどのように変化するかを示しています。

信託報酬率 1.80% 1.50% 1.00% 0.50% 0.20%
1年 982,000 985,000 990,000 995,000 998,000
2年 964,324 970,225 980,100 990,025 996,004
3年 946,966 955,672 970,299 985,075 994,012
4年 929,921 941,337 960,596 980,150 992,024
5年 913,182 927,217 950,990 975,249 990,040
6年 896,745 913,308 941,480 970,373 988,060
7年 880,604 899,609 932,065 965,521 986,084
8年 864,753 886,115 922,745 960,693 984,112
9年 849,187 872,823 913,517 955,890 982,143
10年 833,902 859,730 904,382 951,110 980,179
11年 818,892 846,834 895,338 946,355 978,219
12年 804,151 834,132 886,385 941,623 976,262
13年 789,677 821,620 877,521 936,915 974,310
14年 775,463 809,296 868,746 932,230 972,361
15年 761,504 797,156 860,058 927,569 970,416
16年 747,797 785,199 851,458 922,931 968,476
17年 734,337 773,421 842,943 918,316 966,539
18年 721,119 761,820 834,514 913,725 964,606
19年 708,139 750,392 826,169 909,156 962,676
20年 695,392 739,136 817,907 904,610 960,751

(単位:円)

結果は、信託報酬が1.8%のファンドに投資した100万円は、10年後には833,902円に減少し、20年後には695,392円へと3割以上も減少してしまいます。一方で、信託報酬が0.2%のファンドの場合は、100万円は980,179円に減少し、20年後でも960,751円に減少しますが、減少額は1.8%のファンドに比べるとずっと少なくてすみます。その差は、1年間では1万6,000円にすぎませんが、10年間では146,277円に拡大し、20年では265,359円にまで拡大します。

実際の投資においては、投資元本は上下しますので、一方的に投資元本が減り続けるわけではありませんが、信託報酬(費用)の影響がいかに大きいかは御理解いただけたと思います。わずか1%程度でも、長期では大きな違いをもたらすのです。

 

|← 勝てるファンドを見つけるのは難しい | インデックスファンドはどのようにしてベンチマークと同じ投資成果を目指すのか →|